第34回・日産 童話と絵本のグランプリ、創作童話と絵本の募集開始


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、一般財団法人大阪国際児童文学振興財団が主催する「第34回 日産 童話と絵本のグランプリ」に協賛し、7月3日より創作童話と絵本の募集を開始した。

このグランプリは、大阪府立国際児童文学館が、1984年5月に日本初の国際的な児童文学の総合センターとしてオープンしたことを記念し創設され、日産の社会貢献活動として開された。

優れた作品や作家を世に送り出し、夢や想像力あふれる童話と絵本を子どもたちに届けたい、との願いから、アマチュア作家を対象に広く創作童話と絵本を募集するもの。

グランプリでは、毎年、3,000編近い応募作品の中から、童話部門・絵本部門の大賞各1編を含む入賞作品計38編を選出している。

選考委員のひとり、篠崎三朗氏の作品

また、日産は各部門大賞作品をビーエル出版株式会社の協力を得て出版し、全国の公立図書館、日産の事業所近隣の幼稚園等に寄贈している。

なお日産自動車では、「次代を担う子どもたちへの支援は、日産が社会貢献活動を通じて、一貫して取り組んでいるテーマです。

子どもの豊かな発想を育てる本グランプリの活動を、今年も継続してまいります。

第34回の応募締め切りは、平成29年10月31日(火)となります」と述べている。

<第34回 応募要項>
テーマ:子どもを対象とした創作童話、創作絵本を募集。構成、時代などテーマは自由、但し未発表の作品に限る。

応募規定:
<童話の部>
400字詰め原稿用紙に縦書きで5枚~10枚。HB以上の濃い鉛筆か黒いインクを使用。パソコン使用可。(但し20字×20行で印字)

<絵本の部>
構成はタイトルページ1頁と本文11見開きまたは15見開き(計23頁または31頁)とし、綴じないこと。
画材・技法・大きさ・版型は自由。
文章は原稿用紙に清書し、対応する絵がわかるよう、頁番号を記入。文章がない場合は「文なし」と明記する。
絵と文の共作でも可。絵、文とも自作未発表の作品に限る。
絵は原画を提出。(コピーは不可)

応募資格:
作品を商業的に出版したことのないアマチュアに限る。
応募方法
※記入頂した個人情報はグランプリの審査等に関わる目的以外には使用しない。

<郵送で応募>
応募票(※)に必要事項を記載の上、作品に同封。 封筒には応募部門【童話または絵本】と作品点数を記入、四角枠で囲うこと。 なお絵本作品はゆうパックまたは簡易書留にて応募する。
※応募票は(一財)大阪国際児童文学振興財団または日産自動車(株)ホームページよりダウンロード可能。

<WEBから応募>※童話の部に限る
(一財)大阪国際児童文学振興財団または日産自動車(株)ホームページから応募ページにアクセスし、必要事項を入力のうえ、作品データを添付して送信。WEB応募の場合、応募ページから指定の原稿用紙をダウンロードして使用。

※応募作品の返却:
童話は返却しない。必要な場合は、あらかじめコピーを取り置くこと。 絵本は大賞・優秀賞作品を除き、表彰式終了後、平成30年3月末頃にゆうパック(着払い)にて返却。※大賞・優秀賞は平成31年4月頃返却予定。

応募先(特設募集係へ): 〒535-8511  大阪旭郵便局区内 日産 童話と絵本募集係(123号) Tel.(06)6956-5523

締め切り  :平成29年10月31日(火) 消印有効

入賞発表 :平成30年3月中旬 日産自動車(株)/(一財)大阪国際児童文学振興財団ホームページにて発表。

賞及び賞金:
大賞
童話 1編 :賞金50万円
絵本 1編 :賞金70万円

優秀賞
童話 3編 :賞金10万円
絵本 3編 :賞金20万円

佳作
童話 20編 :記念品
絵本 10編 :記念品
※大賞受賞作品は童話、絵本とも出版され書店販売の他、全国公立図書館等に寄贈される。

著作権の帰属ならびに受賞作品の利用:
大賞作品の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)及び二次的著作物に係る権利は主催者及び協賛者に帰属。また優秀賞の作品については、主催者及び協賛者が自己の宣伝広告のために自由に利用できる権利を許諾すること。

選考委員:
あまん きみこ :童話作家
黒井 健 :絵本画家
篠崎 三朗 :絵本画家
富安 陽子 :童話作家
(以上五十音順)
西川 廣人 :日産自動車(株)社長 兼 最高経営責任者
宮川 健郎 :(一財)大阪国際児童文学振興財団 理事長

問い合わせ先:
特設 日産 童話と絵本のグランプリ事務局
Tel. (06)6956-5523 平日9時‐17時(12-13時を除く)

詳細情報 (一財)大阪国際児童文学振興財団
 
日産自動車株式会社、日産 童話と絵本のグランプリ特設サイト