アルファロメオ・ジュリア、日本国内で年内販売開始へ


FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、「Alfa Romeo(アルファロメオ)」ブランドの新型高性能スポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」を、2017年内に、全国のアルファロメオ正規ディーラーにて販売する。

2017年6月24日に、創業107周年を迎えるアルファロメオにとって、ジュリアは長く輝かしい歴史を象徴する1台であり、同時に新たなチャプターを刻む重要なモデルでもある。

目下、米国・中国などのグローバル規模で、新型ジュリアの導入によるアルファロメオ・ブランドの再ローンチが進展しており、日本でもブランドの新たな未来に向け、年内のジュリア発売に向けてアルファロメオ専売店舗の展開を進めている。

なお、ジュリアの販売開始日や価格などの詳細は、発売が近づいた段階で発表される見込みだ。

ちなみに107周年を迎えたアルファロメオアルファロメオの歴史は、A.L.F.A.社(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili=ロンバルディア自動車製造工場)が設立された1910年6月24日に遡る。

常に挑戦を続け、困難を乗り越えてきた1世紀を超える歴史は、伝統のエンブレムにも表れており、先の105周年に若干の仕様変更を受けたものの、そのデザインは、発祥の地であるイタリア・ミラノ市の紋章である赤十字と、ミラノの貴族であるヴィスコンティ家の紋章を組み合わせた意匠で、創業以来大きな変化をせずに受け継がれきている。

そんなアルファロメオ・ジュリアの位置付けに関して、FCAは鍵となる5つの要素を掲げている。それは、洗練されたイタリアンデザイン、理想的な前後50:50の重量配分、最先端をいく革新的エンジン、トップレベルのパワーウェイトレシオ、そして独創的なテクノロジーである。

またアルファロメオのデザインは、いつの時代も、伝統の継承、スピード感、美しさの3要素を融合している。これは新型ジュリアでも同様で、“プロポーション“、“シンプルさ”、”クオリティ”の3方向のアプローチから洗練されたデザインを実現させる工夫を行ってきた。

まずその“プロポーション“については、車体の前後オーバーハングを短く切り詰めた。これは、エンジンやその他のメカニカルコンポーネントを前後の車軸間にレイアウトすることで、実現しており、その結果、高性能スポーツサルーンらしい均整のとれたスタイリングと前後50:50の理想的な重量配分を実現できている。

次に“シンプルさ”の追求は、自動車デザインに於いて、最も困難とされる作業であるが、アルファロメオは、長年にわたりこの部分飽くなき追求をし続けており、今モデルに於いても、上質な雰囲気と洗練されたデザインを「一筆の動き」で表現した。

最後の“クオリティ”は、車体の全体にわたり追求されている。それは飛びかかろうとする猫を思わせる躍動的なエクステリアデザインをはじめ、コクピット周辺の操作スイッチ類、美しくカーブしたダッシュボードなど、インテリアにも丁寧な作り込みが感じられる仕上げとなった。

動力面では、最上級グレードの「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」に、フェラーリ出身のエンジニアによりチューンされたV型6気筒ガソリンツインターボエンジンが搭載されている。

最高出力は510psを生み出し、0-100km/h加速=3.9秒というパフォーマンスを実現。またこの新世代エンジンは、電子制御の気筒休止システムを備え、優れた燃費性能も両立させている。

さらにアルミニウムの採用により軽量化を果たすとともに、アルファロメオ独自のサウンドも追求した。

ボディでは、車体各部に超軽量素材を採用。例えばボンネットやルーフ、プロペラシャフトにはカーボンを、ドアやフェンダー、サスペンションにはアルミニウムを採用した。

さらにカーボンセラミックディスクブレーキや、カーボンファイバー製のシートフレームのオプションを採用するなど、全体にわたる徹底した軽量化の結果、パワーウェイトレシオは3kg/ps以下を達成している。

加えてトルクベクタリングを始めとする先進のシャシー技術にもこだわっている。例えば、電子制御の採用はドライビングエクスペリエンスの向上に寄与する場合に限定される。電子制御によるトルクベクタリング機構を採用したのも、この点をクリアさせたいためとしている。

ジュリア・クアドリフォリオに採用したツインクラッチ式のトルクベクタリング機構は、後側の左右輪に個別にトルク伝達を行う制御により、滑りやすい路面においてもスタビリティコントロールに頼ることなく、優れたトラクション性能を発揮。

また電子制御のインテグレーテッド・ブレーキシステムは、ブレーキレスポンスの向上と大幅な制動力の短縮のほか、軽量化にも寄与し、ドライビングダイナミクスの向上を目指した結果である。

なおこの新たなジュリアの情報は、順次ティザーサイト上に公開されていく予定だ。 

FCAジャパンは、このジュリアの導入に合わせ、アルファロメオ・ブランド専売ディーラー網の整備も全国的に進めてきた。具体的には既存の正規販売店に加え、新規ディーラーとの契約を締結し、2018年中に全国60店舗規模にまで拡大させる意向だ。

新しいアルファロメオ正規ディーラーの店舗名は、「アルファロメオ(+地名)」となる。新店舗はブランドの新しいコーポレート・アイデンティティに基づき、プレミアム感とハイセンス感を表現したデザインが施される見込み。

店舗の外観には、ブランドのテーマカラーであるアルファレッドとブラックを配したアルミパネルとシルバーのライン、それに筆記体のブランドサインとロゴマークがあしらわれる。

FCAジャパンでは、アルファロメオがグローバルに進めている商品ラインアップの充実化とプレミアム化、それに伴う販売増加計画を基に、ブランドの強化と販売増加に取り組む構えだ。なお現時点で、決定しているジュリアを取り扱うアルファロメオ正規ディーラーは、下記の通りとなる。

アルファロメオ正規ディーラー (2017年6月23日現在)
北海道
アルファロメオ札幌東
アルファロメオ札幌清田
アルファロメオ盛岡
岩手県
アルファロメオ仙台泉
宮城県
アルファロメオ郡山
福島県
アルファロメオ水戸
茨城県
アルファロメオ宇都宮
栃木県
アルファロメオ小山
アルファロメオ高前
群馬県
アルファロメオむさし野
埼玉県
アルファロメオ習志野
千葉県
アルファロメオ成田
アルファロメオ世田谷
東京都
アルファロメオ杉並
アルファロメオ調布
神奈川県
アルファロメオ横浜町田
アルファロメオ松濤
アルファロメオ厚木
新潟県
アルファロメオ新潟
石川県
アルファロメオ石川
岐阜県
アルファロメオ岐阜
静岡県
アルファロメオ沼津
アルファロメオ浜松
アルファロメオ天白
愛知県
アルファロメオ中川
アルファロメオ春日井
アルファロメオ岡崎
京都府
アルファロメオ京都
大阪府
アルファロメオ新大阪
アルファロメオ心斎橋
アルファロメオ北大阪
アルファロメオ大阪東
アルファロメオ堺
兵庫県
アルファロメオ芦屋
アルファロメオ神戸西
アルファロメオ姫路
岡山県
アルファロメオ岡山
広島県
アルファロメオ広島
香川県
アルファロメオ高松
徳島県
アルファロメオ徳島
愛媛県
アルファロメオ松山
福岡県
アルファロメオ福岡
熊本県
アルファロメオ熊本
計43拠点