アウディ日本(Audi)、A5スポーツバックFWDモデルの販売開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、4ドアクーペ Audi A5 Sportbackに、初めてのFWD(前輪駆動)2モデルを設定し、7月26日より全国のアウディ正規ディーラー(125店舗:現時点)を通じて販売を開始した。

このAudi A5 Sportbackは、Audi A5 Coupéのデザインに、ステーションワゴンの機能性。さらにセダンの快適性を兼ね備えるユニークなモデルとして、先代Audi A5シリーズの顧客の過半数以上がこのSportbackを選択している。

今回Audi A5 Sportbackに新たに設定されたFWD(前輪駆動)2モデル、「Audi A5 Sportback 2.0 TFSI」と、「Audi A5 Sportback 2.0 TFSI sport」に搭載される直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク320Nmを発揮しつつも、燃費は16.6km/l (JC08モード)を達成。

これにより「2015年燃費基準+10%」(パノラマサンルーフ付は2020年度燃費基準達成)を満たし、両モデルともに自動車取得税が20%、自動車重量税が25%減税されるエコカー減税対象車となっている。これによりAudi A5のエコカー減税対象は10モデルとなった。

同社によると、「第2世代Audi A5 / S5の各モデルは、美しさとスポーティな走りと実用性の融合という初代の持ち味にさらに磨きをかけ、筋肉質で力強く躍動感あふれるデザインに、新たなテクノロジーを惜しみなく投入。

これにより安全性や効率、また現代のクルマに求められる運転支援システム、コネクティビティ、そしてインフォテイメントの機能などを大幅に向上させました。

A5シリーズには、2ドアクーペ、多様性を兼ね備える4ドアクーペのAudi A5 Sportback、そして電動開閉式ソフトトップのAudi A5 Cabriolet(9月発売予定)という、魅力的な3つのボディバリエーションを揃えて、Audi A5 Coupé、Audi A5 Sportbackともに4月4日(火)発表以来、好調な販売を続けています」と結んでいる。