Audi Sport、アウディ「R8」&「TT」用エアロキットを独国内で晩夏発売へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

独・Audi Sport GmbHは、「アウディR8」及び「アウディTT」のダウンフォースを最大100kg向上させる2種類のエアロキットラインナップを、来る2017年晩夏にドイツ国内で発売する。

このAudi Sport製パフォーマンスパーツは、幅広いコンポーネントから構成されるレトロフィット(後付けパーツ)タイプのシリーズラインナップであり、まずはエアロキットが、今後の同製品ラインナップの先陣を切ってリリースされると云う。

このシリーズ製品のリリース開始にあたって、Audi Sport GmbH マネージングディレクターのステファン ヴィンケルマン氏は、「Audi Sportパフォーマンスパーツと共に、私たちは新しいビジネスセグメントへ参入します。

提供するすべてのコンポーネントには、私たちが何年にも亘ってスポーツカー製造で培ってきた専門知識が活かされています。

なお、これらの専門知識には、アウディブランドに於ける市販車のための最高の試験場となっており、またモータースポーツに様々な経験に裏打ちされた独自の知見も含まれています」と話している。

気になる製品のリリーススケジュールは、まず2017年晩夏に、現行モデルのAudi R8及び、Audi TT用のコンポーネントが、ドイツ及び欧州を皮切りに、その他の市場で発売される。

その後、徐々に他のモデルシリーズに拡大していく予定だ。

ちなみにAudi Sportパフォーマンスパーツは、4つのカテゴリー(サスペンション、エキゾーストシステム、エクステリア、インテリア)で展開されていくとしている。

例えばサスペンション関連のコンポーネントには、標準ブレーキライニングに対して、より強力で耐フェード性に優れたスポーツブレーキライニングが含まれる。

このスポーツライニングは、スチール製ディスク及びオプションのセラミックブレーキディスクに対応。蛍光レッドに塗装された、Audi R8用の超軽量チタニウム製ブレーキキャリパーは、該当スポーツモデルの車重を1kg削減するという副産物も生む。

Audi TT RS用には、複数のボルトでマウントされたスチール製フロントブレーキディスクが用意されている。

また、Audi TT、TTS、TT RS用に、さまざまなタイプのブレーキ冷却キットも発売され、これらのキットを装着すると、スポーティなAudi TTモデルのブレーキ性能をさらに強化することができるとする。

今後、Audi TT及びAudi R8の全モデルには、2ウェイまたは3ウェイのコイルオーバーサスペンション(車高調正式サスペンションキット)も用意される。

さらに、モータースポーツから直接フィードバックされた、20インチ圧延加工(紛体塗装)ブラックホイールも注文できるようになる予定だ。

このコンポーネントも、Audi TT及びAudi R8の全モデルに設定される。同ホイールを装着すると、Audi TTの車重を最大7.2kg、Audi R8の車重を最大8kg削減することが可能だ。

なお同ホイールに組み合わせるスポーツタイヤのサイズは、245/30 R20(R8、フロント)及び305/30 R20(R8、リヤ)となる。

一方、Audi TTのフロント及びリヤには、255/30 R20サイズのタイヤを装着することができる。

ちなみにquattroドライブを搭載したAudi TT Coupé用のレトロフィット ラインナップには、リヤアクスル用のクロスメンバー強化バーが含まれる。

このコンポーネントを装着すると、剛性が向上して、ハンドリング精度が向上し、Audi TT RSのオーナーは、購入後であっても、これらのモデファイを加えることを通して最高速度を280km/hに引き上げることができる。

これらの開発に携わる同社エキゾーストシステムのスペシャリスト、アクラポビッチ氏は、「今回、超軽量なチタニウム製のマフラーを開発しました。このマフラーには、Audi TTS及びAudi TT RS用のテールパイプも含まれています。

さらにAudi Sportパフォーマンスパーツのハイライトは、アウディが誇る風洞実験室で開発されたエアロキットです。

これらのキットは、Audi R8及びAudi TTのフロントエアインレット、サイドシル、ディフューザーに明確なアクセントを追加するだけでなく、ダウンフォースも大幅に向上させます。

このキットを装着したAudi R8の330km/h時におけるダウンフォースは250kgで、キットを装着していない場合と比較して100kg以上も向上します。

また150km/h時における効果も注目に値します。この速度におけるダウンフォースは、標準仕様の2倍となる52kgに達します。

加えてフロントスプリッターやフリックに加え、固定式の大型リヤウイングも用意されています。

Audi TTでは、大型エアベントを備えたボンネットも注文可能で、Audi R8用の全パーツはカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製です。

Audi TT用は、CFRP及びプラスチック製となります。すべてのコンポーネントには、Audi Sportのロゴが装着されます。さらに、インテリア用の魅力的なパーツも数多く用意されます」と語っている。

コクピット回りでは、Audi R8とAudi TTでマルチファンクション機能を備え、アルカンターラを巻いたこのステアリングには、12時の位置に赤いマーキングが配されたスポーツコンツァーステアリングホイールが用意される。

7速Sトロニック装着車には、CFRP製のシフトパドルも用意される。さらにAudi Sportは、同じくCFRP製のAudi TT用のストラットタワーバーも開発した。

このタワーバーはリヤシートを取り外して装着するタイプで車重を20kg削減し、車体の捩じり剛性が大幅に強化される。この効果は絶大で、特に高速コーナーにおけるハンドリングを大きく向上させると結んでいる。

なお日本国内に於けるリリース時期については、現記事掲載段階では具体的な目処が見えていないとしている。