オートバックス、中国EC進出で上海港国際フェリーターミナル内にカー用品展開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

autobacs-in-the-hands-of-regular-import-car-dealer20150401-4

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:湧田節夫、以下、オートバックス)は、株式会社 GL-Plaza ジャパン(代表取締役:小嵜秀信)と商品供給および業務委託契約を結び、2015年9月9日(水)より、上海自由貿易試験区を活用した越境 EC「跨境通(KJT)」内の「日本広場」に、同社が取り扱うカー用品を供給を開始した。

autobacs-car-supplies-deployed-to-shanghai-port-international-ferry-terminal-in-china-ec-advance20150912-1

さらに海外渡航者など、中国国内に於いては可処分所得層が訪れるとみられる上海港国際フェリーターミナルの保税区※内にあるショールームにも、具体的な商品の展示を展開していく。※保税区:輸入品などを通関手続きせずに、一時的に保管できる場所。

autobacs-car-supplies-deployed-to-shanghai-port-international-ferry-terminal-in-china-ec-advance20150912-2

KJT は、上海市政府および中国税関が主導となって進める自由貿易試験区を活用した、個人輸入インターネット通販サイト。

中国におけるインターネット普及率は、2012年現在 42%で、利用者は5.6億人以上という大きなマーケットであるため今後の成長が見込まれる。

このたび同社が商品を供給する「日本広場」は、GL-Plazaジャパンが開設する個人輸入ECショップ。本ショップへの出品に合わせ、上海港国際フェリーターミナル内に開設されたショールーム「跨境通体験区(越境 EC 体験コーナー)」への商品展示も行っていく。

上海港国際フェリーターミナルは、週2便の日本行き旅客フェリーの発着拠点。オートバックでは、このロケーションを生かしたショールームへの出品は、訪日旅行者も含めた現地の消費者に対して、同社取り扱い商品の認知度を高める有効な手段であると考えている。

同コーナーに展示される商品に興味を持った上海国際フェリーターミナルの利用者は、商品に付いている QR コードをスマートフォンで読み込み、ECショップを通じて注文できる。

<日本広場の概要>
サイト名:日本広場
掲載商品:日本商品全般(カー用品、雑貨、化粧品、健康
食品、お菓子、飲料等)
掲載商品数:約 500 アイテム(2015 年 9 月現在)
運営会社:株式会社 GL-Plaza ジャパン
サイトアドレス:http://www.kjt.com/Store/548/1373

<上海国際フェリーターミナル ショールームの概要>
所在地:上海市東大名路 500 号上海港国際客運中心「跨境電子商務 O2O 体験店」
展示商品:「日本広場」に掲載されている商品
展示商品数:約 300 アイテム(2015 年 9 月現在)