オートバックス、急発進防止装置売上金の一部を交通遺児等育成基金へ寄付


急発進防止装置「ペダルの見張り番」販売開始から半年。交通事故撲滅の願いを込めて売上金の中から100 万円を寄付

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:小林喜夫巳、以下、オートバックス)は、2016年12月から販売を開始した急発進防止装置『ペダルの見張り番』の売上金の一部 100 万円を、公益財団法人 交通遺児等育成基金へ寄付した。

写真(左)公益財団法人交通遺児等育成基金 内田専務理事、(右)当社社長執行役員 小林

昨今、高齢者や運転に不慣れな方による、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる事故が相次いで発生しているが、同社販売製品の急発進防止装置『ペダルの見張り番』は、そのような事故を未然に防ぐため開発されたもの。

『ペダルの見張り番』は、10km/h 未満で徐行時や停止している状態で、ブレーキペダルを踏もうとして誤ってアクセルペダルを強く踏み込んでしまった際、車両側の車速・ブレーキ信号を検知し、アクセル開度(アクセルペダルを踏み込んだ量)を電気的に制御する『オーバーアクセルキャンセラー』により、誤発進を防止する。

また、アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだ際、『ブレーキオーバーライドシステム』が機能し、ブレーキ動作を優先する後付け可能な急発進防止装置で、軽自動車からミニバンまで、国産車 100車種以上に対応させた。

製品紹介サイト
 

なお半年が経過した『ペダルの見張り番』は現段階で軽自動車やコンパクトカーへの取付例が多い。併せてご購入者は65 歳以上が約 8 割、取付した車種の内訳は軽自動車やコンパクトカーへの取付が多い。また「親のクルマに装着したい」と親子での来店も目立っていると云う。

製品問い合わせ
オートバックスお客様相談センターフリーコール:0120-454-771
受付時間:平日 9:00~12:00 13:00~17:30