BASF、自動車カラートレンド予測2016-2017を発表


basf-and-volkswagen-the-start-of-the-recruitment-of-the-5th-science-award-electro-chemistry-award20160510-11

2016-2017年、カラートレンドの主力テーマは「パララックス」へ

BASF(本社:独ラインラント=プファルツ州ルートヴィッヒスハーフェン、取締役会会長兼CEO:クルト ボック、以下、BASF)は5月11日、東京都内に於いて我が国が位置するアジア太平洋地域を含む2016-2017年の世界全体を俯瞰・網羅した「自動車カラートレンド予測」を発表した。

basf-and-volkswagen-the-start-of-the-recruitment-of-the-5th-science-award-electro-chemistry-award20160510-2

BASFに於けるこの全自動車業界を対象としたカラートレンド予測は、毎年、アジア太平洋、欧州、及び北米の同社傘下の各地域に於ける密接な調査連携と、専門知識の結集から割り出され、これが毎年春期に、広く世界の自動車産業に向けて発信されている。

該当業界は、同社からのカラー情報を得ることで、多様な自動車ビジネスに於いて、時代を牽引する流行の象徴とも言えるカラートレンドを、いち早い段階で見極めることができるようになる。

そんなBASFの今年最新のカラートレンド予測は、そのテーマに「パララックス」(多面的な視点)を据えている。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-12
今年のテーマ_PARALLAX(パララックス_多面的な視点)

自動車のデジタル化と、社会的発展の相互作用が、カラートレンドに影響

このパララックスとは、1つのモノを2つ以上の異なる視点から見たときの、見え方(視差)や捉え方、感じ方の違いの事を示している。

例えば、それを意味するひとつの切り口では、今日の現代社会に於ける「バーチャルな世界の魅力」と、「リアルな現実世界での自己表現への憧れ」という視差の表現等があると云う。

こうしたテーマ設定を基礎に同社は、具体的に世界各国地域にマッチする65色の自動車カラーを提案した。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-7
グローバル共通テーマ1_CONTINUUM (境界のない広がり)

グローバルトレンドを形成する多面的なカラーが、自動車のカラートレンドに反映されている

同社によると、今日の最新カーラートレンドには、先のバーチャルな世界とリアルな世界の曖昧な関係などが、自動車のカラートレンドに確実に反映されていると云う。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-6
グローバル共通テーマ2_SECOND BRAIN (拡張する心身)

その色味は、日常生活におけるデジタル化の流れを表現する人工的で、かつメタリックなブルー、シルバー、ホワイトなど。

その一方で、それとは相反する、都市での人間感情の探求を表す有彩色やナチュラルカラーの人気も高まっている。

こうした要素を様々な顔料の組み合わせで、複数の色相として表現することで、将来の自動車カラーの可能性が広がって行く。

またこのカラートレンドのバリエーションは、地域毎の状況や、社会発展の度合いにより、その受け入れ方で下記の様に異なるとしている。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-10
キーカラー_ヨーロッパ

欧州のアイデンティティの変化、デジタル世界に適応する方法を模索

それを地域別に追っていくと、まず欧州のカラー表現では、現実世界での経験やアイデンティティを見失うことなく、デジタル世界に適応する方法が模索されているとする。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-3
地域別テーマ_ヨーロッパ_AFTER HASHTAG(バーチャルからリアル)

このため欧州自動車産業のトレンドを代表する色は、デジタルな表現と、メタリックエフェクトの素材感を結びつけた高彩度なメタリックブルーとなった。

欧州では、このような新鮮なイメージを通し、新感覚のブルーが市場において浸透していくとしている。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-9
キーカラー_北米

人工的なメタリックカラーが、北米の進歩的なトレンド

一方、北米カラートレンドは、カラードシルバーと同社が表現するものとなっている。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-2
地域別テーマ_北米_NO EXCUSE(行動あるのみ)

これは見る角度によってグリーンからブルーへと色彩が変化する、柔らかな色調の洗練されたシルバーである。

微妙な色彩のブレンドは、社会における個人の行動と、個人がテクノロジーから受ける影響との境界線が曖昧であることを映し出しているとする。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-1
キーカラー_アジア太平洋

アジア太平洋地域は、自信の高まりを反映し新しい自由な枠組みを象徴した中間色が誕生

対してアジア太平洋地域は、経済問題などの諸問題を抱えつつも、将来的な成功に対する自信が見られると云う。

この楽観的ともいえる姿勢が、斬新で遊び心にあふれた「ブルーグリーン」に表れた。また、クリエイティビティとクオリティの追求がメタリックなサンドベージュの繊細なテクスチャーに反映され、アジアの伝統的な価値観と、エレガンスの結びつきを象徴しているとした。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-4
地域別テーマ_アジア太平洋_SPROUT (新たな芽生え)

日本ではアジア太平洋のカラートレンド「ブルーグリーン」が注目カラー

さてここで日本でのカラートレンドだが、我が国ではアジア太平洋地域と同様、「ブルーグリーン」などの青色の中でも中間色であるカラーがますます注目される色になるとしている。

この「ブルーグリーン」という色味は、90年代半ばに世界の自動車市場を席巻した色として良く知られているが、ここにきて時代やトレンドと共にブルーグリーンの回帰が期待されていると云う。

日本では、一億総活躍社会と謳われるように、既存の枠組みを超えて新たな価値観や、ライフスタイル、社会が出現する時代を表すカラーとして、中間色であるブルーグリーンが象徴的なカラーになるとする。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-98

また、自動車においても、電気自動車、環境配慮車、自動運転車や超小型車など、次世代のモデルには、色を含むデザインで従来の自動車の枠組みを超えた、既存概念に捉われない消費者へのアプローチが求められると考えていると結んでいる。

加えてボリュームゾーンである無彩色に於いては、「シルキーホワイト」、「粗いラメ調のダークカラー」など、特徴ある質感が好まれる傾向にあるとも云う。

二輪車では、洗練されたクラシカルな色調と近未来的なカラーが人気

さて四輪車と異なり、スクーターやバイクといった二輪車の市場は、従来、自動車と比べると特定のユーザー層がメインだったが、近年は様々なユーザーに向けた魅力が求められてきている。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-97

例えば、これまでの二輪車としての歴史を感じるクラシカルな色調のガーネットやグレー味を帯びたブルー、使い込まれた銅や黒鉄のような色調を現代的でスタイリッシュに作りこんだ色、また、リアルと近未来のイメージでパステルトーンを強い金属感で表現したモーターサイクルでは新鮮な色などである。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-96

特に日本を含むアジアでは、若者と女性ユーザーを意識したスタイリッシュで、ユニークな色を表現するなど、ファッション性の高まりが生まれつつあるとしている。

最後にBASFジャパン株式会社コーティングス事業部 カラーデザインセンター アジア・パシフィックのチーフカラーデザイナーである松原千春氏は、「弊社は、今後重要な役割を担う自動車カラーの予測を毎年行っています。

basf-announced-the-automotive-color-trend-forecast-2016-201720150515-99

カラートレンド予測では、有彩色の動向にも重点的に取り組んでいますが、これは、ホワイト、グレー、ブラックの無彩色と比べて、有彩色のトレンドは変化が速く、自動車メーカーのお客様がエンドユーザーにアピールする上で戦略的に重要であると考えているためです。

BASFは、世界をリードする自動車塗料サプライヤーとして、自動車業界と密接に連携し、当該地域のお客様にサービスをお届けし、最新のカラー情報をご提供します」と述べている。

BASFのコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、工業用塗料、建築用塗料、およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っている。

BASFは、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋に拠点を持ち、世界中の企業と緊密に連携している。

2015年におけるBASFコーティングス事業部の世界の売上高は32億ユーロを記録している。

BASFコーティングス詳細情報
(英語) To-jump-to-external-page20150401
(日本語) To-jump-to-external-page20150401

BASF(ビーエーエスエフ)詳細情報
(英語) To-jump-to-external-page20150401
(英語) To-jump-to-external-page20150401
(日本語) To-jump-to-external-page20150401