富士急行、お台場海浜公園で「水陸両用バスTOKYO NO KABA」運行開始


11/27よりアクアシティお台場から、1度にドライブと東京湾クルージングが楽しめる

富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、取締役社長:堀内光一郎)は、東京 2020 オリンピック・パラリンピックに向け、盛り上がりを見せるお台場エリアで、水陸両用車としては3つ目の選択肢となる水陸両用バス「TOKYO NO KABA」を11月27日(月)から開始した。

「TOKYO NO KABA」は、東京湾に臨む日本最大級のエンターテインメントショッピングモール「アクアシティお台場」を出発し、お台場エリアのビル群を走り抜けながら陸上走行したあと、「お台場海浜公園スロープ」から大きな水しぶきとともにレインボーブリッジに向かい海へダイブするアトラクションバス。

quote: 

海に飛び込む迫力に加え。水陸両用ゆえの一台で陸と海上の両方を愉しめる。車両のデザインは、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が手掛け、水と陸の両方で生活する動物の王者であり、古代エジプトの守り神でもあるカバをイメージした。

また車内では、キスソニックス株式会社とタイアップして水陸両用バスとしては世界初である「高品質3D サウンド演出」を取り入れた。

例えば、テレビ局の前を通るとき、車内に流れるのは撮影現場の活気あるやり取りや聴き憶えのあるニュース番組のオープニング音楽を流すなどで、車窓から見えている景色の中に自分も入り込んでいるかのような臨場感あふれる体験を提供していく。

また訪日外国人の観光客には、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語の 5 ヶ国語の観光案内を収録した多言語音声ガイダンスを無料で提供する。また車内上部 3 箇所に設置されたモニターで海上クルーズ中、車両先頭に取り付けたカメラのライブ映像を放映していく。

水陸両用バス「TOKYO NO KABA」 の情報は以下の通り

1.運行概要
(1)運行開始 平成 29 年 11 月 27 日(月)
(3)発着場所 アクアシティお台場(1階北側バス乗り場)
(3)入水場所 お台場海浜公園内にスロープを設置
(4)ル ー ト 出発地~陸上(台場エリア)~海上(台場)
~終着地
(5)運行回数 7 便/日(夏期、混雑状況により増便あり)
(6)乗車時間 約 45 分(陸上約 25 分、海上約 20 分)
(7)料 金 大人 3,500 円 小人 1,700 円 乳幼児 500 円
(8)運行会社 株式会社フジエクスプレス(本社:東京都港区、取締役社長:野出 直輝)

2.車両諸元
全長 11.9m/幅 2.49m/重さ 13.86t/航海速力 6.0 ノット/定員 38 名※車両デザインは工業デザイナー水戸岡鋭治氏が担当。

3.アクセス
発着場所「アクアシティお台場」まで
電車:ゆりかもめ台場駅より徒歩 1 分、りんかい線東京テレポート駅より徒歩 6 分
車 :レインボーブリッジから 首都高速 11 号台場線「台場出口」から約 3 分、
横浜・羽田方面から 高速湾岸線「臨海副都心出口」から約 1 分、
千葉・葛西方面から 高速湾岸線「有明出口」から約 5 分

4.予約・お問い合わせ
TOKYO NO KABA 公式ウェブサイト< >または株式会社フジエクスプレス 03-3455-2211(受付時間 9:00~18:00)
※予約は乗車日の 1 ヶ月前から。
※当日空席があれば予約なしでも乗車可能。