BMW、新型8シリーズ カブリオレ発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

時速50km以下の走行時も約15秒で開閉可能なルーフを採用

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、新型BMW 8シリーズのオープン・モデル「新型BMW 8シリーズ カブリオレ」を全国のBMW正規ディーラーで2月19日より販売を開始する。

今回の新型BMW 8シリーズ カブリオレは、かつて2018年末に発表された新型BMW 8シリーズクーペをオープンモデルとしたもの。8シリーズの運動性能を極力スポイルすることなくオープン・モデルならではの解放感や優雅さを備えたモデルである。

エクステリアは、キドニー・グリルやデッキを取り囲むモールディングなどにクローム加飾をアクセントとして採用し、繊細なデザインが特徴的な専用の20インチ マルチ・スポーク・ホイールなどでカブリオレらしさを演出した。

ソフト・ループ・トップは、なめらかな流線形を描くように丸みを帯びたデザインとなっており、ルーフを閉じた状態も優雅さを備える配慮を施したという。またルーフは、時速50km以下の走行時も約15秒で開閉可能で、開けた状態でもトランク容量は280Lを確保しているなど、デザイン性だけでなく、実用性も兼ね備えている。

インテリアは、新型BMW 8シリーズ クーペを基礎としているため、12個のスピーカーによる高音質を実現するBowers & Wilkinsダイヤモンド・サウンド・サラウンド・システムを採用。パワーユニットは、新開発の4.4リッターV型8気筒エンジンを搭載した。

最高出力530PS(390kW)/5,500-6,000rpm、最大トルク750Nm/1,800-4,600rpmを発揮、0-100km/h加速は3.9秒を実現してている。併せて8シリーズ クーペと同様に、従来のアクティブ・サスペンション・システムに新たに電子制御のアクティブ・スタビライザーを装着したアダプティブMサスペンション・プロフェッショナルを装備。

さらにMアクティブ・ディファレンシャルを装着し、コーナリング時の安定性と俊敏性を向上させた。ボディは内部構造部材にカーボン素材、ボディ・パネルにアルミ材等を効果的に使用することで、オープン・ボディであるが車両重量を2,120kgに抑えた。

運転支援システムではBMW 8シリーズ クーペと同様に、最先端の運転支援システムを標準装備している。アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングを搭載した。

パーキング・アシスタントには、リバース・アシスト機能が採用され、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能だ。この機能を活用することで、例えば日本に多数点在する細い道に誤って迷い込んだ際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰できる。

主な車両諸元は以下の通り。メーカー希望小売価格(消費税込み)は、¥ 18,380,000-となっている。

BMW M850i xDrive Cabriolet
全長4,855mm、全幅1,900mm、全高1,345mm、ホイール・ベース2,820mm、車両重量2,120kg、車両総重量2,340kg、排気量4,394cc、V型8気筒ガソリン・エンジン、最高出力530PS(390kW)/5,500rpm、最大トルク750Nm/1,800-4,600rpm、燃料消費率8.2km/L(WLTC)。