ブリヂストン、今秋オーストラリアで開催の「ワールドソーラーチャレンジ」に冠スポンサーとして協賛


「2017 Bridgestone World Solar Challenge (ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ)」2017年10月8日~15日に開幕

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は、2017年10月8日~15日にオーストラリアで開催される「2017 Bridgestone World Solar Challenge (以下BWSC)」に冠スポンサーとして協賛する。

ブリヂストンは、クルマ社会の環境技術進化を目指す新たなモータースポーツへの参画を積極的に推し進めており、その一環として持続可能なモビリティ社会の実現に向けたソーラーカーによる同大会に、2013年から協賛している。

BWSCは、1987年に始まり今年30周年を迎える世界最高峰のソーラーカーレース。

約5日間を掛け、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3,000kmを走破し、3つのクラスでそれぞれの基準に従ってレースを行う。

2015年に行われた前回大会では、25ヶ国から大学生を多く含む46チームが出場した。ブリヂストンはBWSCを通じて、環境技術イノベーション「ECOPIA with ologic」など環境技術の開発を促進し、次世代のモビリティ社会の実現に貢献。

また、世界から参加する各チームの熱い挑戦を支え、将来を担う若きエンジニアを応援していく。

【BWSC概要】
1.正式名称:2017 Bridgestone World Solar Challenge
2.開催期間:2017年10月8日~15日
3.開催場所:オーストラリア(スタート:ダーウィン、ゴール:アデレード)
4.主催者:南オーストラリア州政府観光局
5.クラス区分:
(1) 「Challenger Class (チャレンジャークラス)」タイヤ4輪/ドライバー1名の条件の下、速度を重視したデザインの車両で目的地までの順位を競う。
(2) 「Cruiser Class (クルーザークラス)」タイヤ4輪/ドライバー1名+乗員1名以上が乗車できる車両で、エネルギー効率や実用性を競う。
(3) 「Adventure Class (アドベンチャークラス)」過去の大会の規則に準じた車両など、上記「Challenger Class」、「Cruiser Class」の条件を満たさない車両でも参加できる。

BWSC特設サイト: