シトロエン、「C3 WRC」でFIA世界ラリー選手権への復帰を公式発表


2017 シーズンのPSAは、対象の全13ラリーにフル参戦体制で臨む

2017年世界ラリー選手権の開幕戦ラリー・モンテカルロの 1 カ月前に、グループPSA(本社:フランス・パリ、CEO:カルロス・タバレス)傘下のシトロエン・レーシングはアブダビで参戦車両である C3 WRC を初公開。同マシンが現地時間1月19日、ラリー・モンテカルロに登場した。

2017年シーズンより導入される新世代ワールドラリーカーは、フォードフィエスタWRC・トヨタ・ヤリスWRC・ヒュンダイi20クーペWRCとの四つ巴の戦いとなり、非常に見応えのあるものとなる。

そうしたなかグループPSAでは、新FIAレギュレーションに合致させたマシンC3 WRC が、歴代通算96勝そして8度の世界タイトルという記録を誇るシトロエンのWRCの復帰を牽引すると述べている。

2017 年シーズンに参戦を果たすのは、「シトロエン・トタル・アブダビWRT」、同チームは2〜4台のC3 WRCをエントリーリストにアップしていく。

クルーのラインナップは、クリス・ミーク/ポール・ナゲル、クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン、ステファン・ルフェーブル/ギャビン・モロー、ハリ・アル‐カシミ/クリス・パターソンの 8 名となる。

これまでのシトロエン・レーシング主要戦績は以下の通り

  • FIA クロスカントリーラリー
    マニュファクチャラーズタイトル獲得回数:5 回(1993 年〜1997 年)
    同ドライバーズタイトル獲得回数:5 回
    – ピエール・ラルティーグ:4 回(1993 年〜1996 年)、アリ・バタネン:1 回(1997 年)
  • クロスカントリーラリー(1990 年〜1997 年)
    – 42 戦中、優勝 42 回。うち 4 回はダカールラリーでの勝利
    – ピエール・ラルティーグ 25 勝、アリ・バタネン 10 勝、ティモ・サロネン 1 勝
  • FIA 世界ラリー選手権(1999 年〜2016 年)
    優勝回数 :96 回(ドイツ 11 勝、アルゼンチン 10 勝、スペイン 9 勝、モンテカルロ 7 勝を含む)
    – ポディウムフィニッシュ:合計 238 回
    – ステージ勝利数 :1,484 回
    ドライバー別戦歴:セバスチャン・ローブ 78 勝、セバスチャン・オジエ 7 勝、クリス・ミーク 3 勝、カルロス・サインツ/フィリップ・ブガルスキー各 2 勝、ダニ・ソルド/ミッコ・ヒルボネン/フランソワ・デュバル/ヘサス・ピュラス各 1 勝。
    – C4 WRC 36 勝、クサラ WRC 32 勝、DS3 WRC 26 勝、クサラ・キットカー 2 勝。
    達成した記録:1 マニュファクチャラーによるラリー勝利数(96 回)、連続ポディウムフィニッシュ(38 回/2008
    年ラリーメキシコから 2010 年ウエールズ・ラリーGB)
    FIA 世界ラリー選手権マニュファクチャラーズタイトル獲得回数:8 回(2003 年〜2005 年、2008〜2012 年)
    同ドライバーズ/コ・ドライバーズタイトル獲得回数:9 回(2004 年〜2012 年 セバスチャン・ローブ/ダニエ
    ル・エレナ)

  • FIA 世界ツーリングカー選手権(2014 年〜2016 年)
    PP獲得数:予選セッション 35 回のうち、ポールポジションを 31 回獲得
    優勝回数:69 戦中、優勝 50 回。ファステストラップ 45 回、ポディウムフィニッシュのべ 119 回
    ドライバー別戦績:ホセ‐マリア・ロペス 28 勝、イヴァン・ミューラー11 勝、セバスチャン・ローブ 6 勝、マー・チンホワ 2 勝、メディ・ベナーニ/トム・チルトン各 1 勝
    FIA 世界ツーリングカー選手権マニュファクチャラーズタイトル獲得回数:3 回(2014 年〜2016 年)
    同ドライバーズタイトル獲得回数:3 回(2014 年〜2016 年 ホセ‐マリア・ロペス)

【ドライバー】
クリス・ミーク/KRIS MEEKE
国籍:英国
誕生日:1979 年 7 月 2 日
出生地:英国、ダンガノン
ベストリザルト:優勝(2015 年アルゼンチン、2016 年ポルトガル、フィンランド)
ポディウムフィニッシュ回数: 9
ステージ勝利数: 44

主要戦績:
2000 年: ラリー初参戦
2002 年: WRC 初参戦
2005 年: JWRC シリーズ 3 位
2009 年: IRC チャンピオン
2014 年: シトロエン・レーシング加入
2015 年: WRC 初勝利 (ラリーアルゼンチン)
2016 年: ラリーポルトガル、フィンランドで優勝

ポール・ナゲル/PAUL NAGLE
国籍:アイルランド
誕生日:1978 年 8 月 9 日
出生地:アイルランド、キラーニー
ベストリザルト:優勝(2015 年アルゼンチン、2016 年ポルトガル、フィンランド)

主要戦績
2001 年: 英国プジョースーパーカップ優勝
2004 年: WRC 初参戦
2009 年: クリス・ミークのコ・ドライバー
2012 年: アンドレアス・ミケルセンのコ・ドライバー
2014 年: シトロエン・レーシング加入
2015 年: WRC 初勝利 (ラリーアルゼンチン)
2016 年: ラリーポルトガル、フィンランドで優勝

ステファン・ルフェーブル/STÉPHANE LEFEBVRE
国籍:フランス
誕生日:1992 年 3 月 16 日
出生地:フランス、ヌー・レ・マイン
ベストリザルト:5 位(2016 年モンテカルロ)
WRC 参戦数:25 回
ステージ勝利数:2 回

主要戦績
2013 年: プジョー・ラリー・アカデミーに参加
2014 年: JWRC チャンピオン(DS 3 R5)
2014 年: FIA WRC3 チャンピオン
2015 年: WR カーで初参戦
2016 年: WRC 参戦

ギャビン・モロー/GABIN MOREAU
国籍:フランス
誕生日:1988 年 9 月 28 日
出生地:フランス、サン−マルタン−デール
ベストリザルト:5 位(2016 年モンテカルロ)

主要戦績
2005 年:英国選手権プロダクションクラス参戦
2013 年: ミシェル・ブリのコ・ドライバーとして JWRC 参戦
2014 年: クリス・イングラムのコ・ドライバーとしてプジョー208 ラリーカップ、ジュニア ERC に参戦
2015 年: ERC チャンピオン
2016 年: シトロエン・レーシングに加入、ステファン・ルフェーブルのコ・ドライバー

クレイグ・ブリーン/CRAIG BREEN
国籍:アイルランド
誕生日:1990 年 2 月 2 日
出生地:アイルランド、シルバルア
ベストリザルト:3 位(2016 年フィンランド)
WRC 参戦回数:34 回
ポディウム回数:1 回

主要戦績
2009 年: WRC 初参戦
2011 年: JWRC チャンピオン
2012 年: FIA S2000 チャンピオン
2015 年: WRC 2 参戦(プジョー208 T16)
2016 年: シトロエン・レーシングに加入、フィンランドで WRC 初ポディウム

スコット・マーティン/SCOTT MARTIN
国籍:英国
誕生日:1981 年 11 月 6 日
出生地:英国、ホワイトヘブン
ベストリザルト:3 位(2016 年フィンランド)

主要戦績
2007 年: マシュー・ウィルソンのコ・ドライバーとしてフィエスタ・スポーティング・トロフィーインターナショナルシリー
ズ優勝
2013 年: ハリ・アル‐カシミのコ・ドライバー
2014 年: クレイグ・ブリーンのコ・ドライバーとして ERC シリーズ 3 位
2015 年: クレイグ・ブリーンのコ・ドライバーとして WRC 2 参戦(プジョー 208 T16)
2016 年: シトロエン・レーシングに加入、フィンランドで WRC 初ポディウム

ハリ・アル‐カシミ/SHEIKH KHALID AL QASSIMI
国籍:アラブ首長国連邦
誕生日:1972 年 2 月 18 日
出生地:UAE、アブダビ
ベストリザルト:5 位(2011 年オーストラリア)
WRC 参戦回数:65 回

主要戦績
2002 年:ラリー初参戦
2004 年:WRC 初参戦
2004 年:中東ラリー選手権チャンピオン
2009 年:WRC で初ポイント獲得
2013 年:シトロエン・レーシング加入

クリス・パターソン/CHRIS PATTERSON
国籍:英国
誕生日:1968 年 9 月 6 日
出生地:英国、ベルファスト
ベストリザルト:2 位(2010 年スペイン、英国)
WRC 参戦回数:64 回

主要戦績
1999 年:英国選手権プロダクションクラス参戦
2005-2008 年:ナッサー・アル‐アティヤのコ・ドライバーとして中東ラリー選手権チャンピオン
2010 年:ペター・ソルベルグのコ・ドライバーとして WRC 参戦
2014 年:ハリ・アル‐カシミとのコンビをスタート

Tuvichomsaoの関連記事
シトロエンの2017年世界ラリー選手権マシン、「C3 WRC」の実力を探求する(2017年1月20日掲載)

シトロエンWRCワークス「シトロエン・トタル・アブダビWRT」のチーム代表に訊く2017の戦略(2017年1月20日掲載)