クラリオン、東京オートサロン2016で車載用フルデジタルサウンドシステムを出展


新フルデジタルサウンドシステムを国内初お披露目、ニュー・デモカーによる試聴を実施

クラリオン株式会社(本社:埼玉県さいたま市中央区、代表取締役社長:川本英利、以下、クラリオン)は、東京オートサロン2016(幕張メッセ、1月15日から1月17日まで)に「クラリオンブース」(西2ホール、小間No.:217)を出展する。

東京オートサロンのクラリオンブースでは、クラリオンが世界で唯一発売する車載用フルデジタルサウンドシステムの新製品「Z3、Z7、Z25W」(2016年4月発売予定)を国内で初お披露目となる。

またフルデジタルサウンドの再生音質向上をポイントに開発、先に行われたフランクフルトモーターショー(ドイツ)のデモ公開で注目を集めた「Z3、Z7、Z25W」をデモカーに搭載、新たなフルデジタルサウンドの試聴環境も提供していく。

また、クラリオンが自動運転社会に向けて取り組むIntelligent Safety(インテリジェントセーフティ)事業を、映像やパネルで紹介。

今夏の発売以来好評の200ミリワイド7.7インチスーパーワイドナビ「MAX775W」、簡単操作でプレミアム機能を楽しめる「NX715」などの2015年カーナビゲーションラインアップも展示していく。

なお、新フルデジタルサウンドシステムのスペシャルサイトがクラリオンHPで近日公開予定となっている。

問い合わせ先
クラリオン株式会社 お客様相談室 フリーダイヤル 0120-112-140
(土・日・祝日・弊社指定休日を除く9:30~12:00、13:00~17:00)
クラリオンWebサイト < >