ダイハツ工業、第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017に福祉車両を出展


会場ブース内に於いては、安全運転機能維持に効果的な体操もプログラムイベントとして実施

ダイハツ工業株式会社(本社:大阪府池田市、代表取締役社長:奥平総一郎、以下ダイハツ)は、9月27日(水)から9月29日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されるアジア最大規模の福祉機器の総合展示会「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」に、軽福祉車両「フレンドシップシリーズ」を出展する。

タントウェルカムシート XSA Ⅲ

今回の「国際福祉機器展 H.C.R.2017」では、先進の衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載したタント、ムーヴの福祉車両4台を含む、軽福祉車両7台を出展。

車いす移動車から昇降シート車まで、すべての軽福祉車両ラインナップを展示する。

また、ブース内では、安全運転機能維持に効果的な「認知機能向上運動」を理学療法士の協力のもと、来場者と一緒に実施予定。

ダイハツでは、高齢者の安全運転支援の観点から、ダイハツ販売会社の店舗を活用した「地域密着プロジェクト」を2017年より全国的に展開。

コトづくり活動の一環として、地域行政や理学療法士などと連携しながら、高齢者が長く安全にクルマを運転できるようサポートをする取組みを開始している。

このほか、実車を使用した車両デモなど、来場者が気軽に体験できるプログラムを行うことで、ブース来場者の満足度向上につなげる。

<出展概要>
出展面積:432㎡

ダイハツ公式商品サイト(フレンドシップシリーズ):