DMM、クルマ売却アプリ「DMM AUTO」のサービス開始


合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者:片桐孝憲)は、クルマ売却アプリ「DMM AUTO(オート)」のiOS版の提供を2018年6月5日より開始した。

同サービスは、売却車を撮影することで、リアルタイムに変動する中古車市場データに基づき、AIを使って最適価格を提示し、査定結果提示後7日間は買取価格を保証するというもの。

同社では、「24時間365日、いつでもどこでもスマホさえあれば、クルマの査定がわずか3分で完了します」と謳っている。また売却成立後は、クルマを引渡し、必要書類を郵送することで現金化までの手続きもシンプルだとしている。

同社ではサービス開始にあたって、「クルマ売却アプリDMM AUTOは、最適価格ですばやく簡単にクルマを売りたい人のためのアプリです。

膨大な情報記入や買取業者とのやりとりなど、これまでクルマを売却する際の課題であった「ユーザーの売却負荷」をテクノロジーの力で解決するために、DMMはとにかく楽に納得して売ることに特化したアプリ「DMM AUTO」を開発しました。

私たちが提案するのは、テクノロジーによるクルマ売却を通じたクルマとの全く新しい付き合い方です。いつでもどこでも最適価格で売れる体験を起点に、クルマをライフスタイルに合わせて気軽に買い換えるカーライフサイクルを作り出すことで、ドライバー体験のイノベーションと中古車業界のさらなる活性化に繋げていきたいと考えます」と話している。

アプリの使い方は、アプリを起動して車体と走行メーター、車検証をスマホカメラで撮り、簡単な項目に答えることで査定結果が算出され、金額に納得頂き売却決定後は、情報入力の上クルマを引渡し、必要書類を郵送すればアプリ内で登録した銀行口座に売却額が入金される仕組みとなっている。

「DMM AUTO」公式サイト:  

App StoreからiOS版アプリの入手は「DMM AUTO」と検索: