FCA、アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」日本発売


Alfa Romeo初の新型SUV「Stelvio」、日本国内へは「First Edition(ファースト・エディション)」を投入

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Alfa Romeo(アルファロメオ)初の新型プレミアムSUV「Stelvio(ステルヴィオ)」の日本国内導入を開始する。

手始めの導入限定車として「Stelvio First Edition(ファースト・エディション)」を、2018年7月21日(土)より全国のアルファロメオ正規販売店を通じて400台限定で販売。以降、順次量産モデルを投入していく構え。

このステルヴィオと云うモデル名は、イタリア北部のアルプス山中にあるステルヴィオ峠に由来するもの。アルプスの峠として2番目に高いステルヴィオ峠は、計48か所のヘアピンカーブがあって、エンスージアストからはの聖地として崇められている。

ステルヴィオはアルファロメオのDNAを受け継ぐ新世代プレミアム商品第2弾

FCAジャパンの社長兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏は、「昨日、アルファロメオは、創業から108周年を迎えました。

『ステルヴィオ』は、この長い歴史の中で、アルファロメオとして初となる本格SUVであると共に、量産SUVとして世界最速記録を樹立(欧州市場に於ける参考値)するなど、走りを極めたモデルとなっています。

ステルヴィオは、昨年9月に導入したスポーツサルーン『ジュリア』に続く、新世代アルファロメオを代表するフラッグシップモデルの第二弾です。

同セグメントにおける新たな選択肢として、イタリアブランドならではの雰囲気、デザイン、そして性能を擁し、比類無きアルファロメオDNAをしっかりと継承し、今後ステルヴィオならではの進化を続けて参ります。新世代アルファロメオの今後の展開にご期待ください」と話している。

操る楽しみを妥協しないクルマに仕立て上げ、走りに拘るドライビングSUVを目指した

なお同社によるとこの新型ステルヴィオは、優れたスポーツ性能を誇る生粋のアルファロメオであると云う。

実際、2017年9月にニュルブルクリンク北コースにおいてステルヴィオ・クアドリフォリオが7分51秒7のラップタイムを記録し、量産SUV最速の座に輝いたとしている。

この走行性能の裏付けとなったのは、ジュリアから受け継いだアーキテクチャーと基本コンポーネントにある。

ステルヴィオは、2016年にニュルブルクリンク北コースで市販4ドアセダン世界最速の称号を獲得したジュリアから、パワートレインをはじめ、カーボンプロペラシャフトやアルミニウムを多用したALFATM LINK(アルファ・リンク)サスペンションを含むアーキテクチャーが引き継がれている。

ジュリア譲りのアーキテクチャーを組み込み、スポーツ性能を備えたドライビングSUVとした 

またファースト・エディションに搭載されるエンジンは、アルミ製ブロックを持つ2ℓ直列4気筒ターボユニットとなっている。

ジュリア・ヴェローチェと共通のこのエンジンは、最高出力280ps、最大トルク400Nmを発生し、これにZF製の8速オートマチックトランスミッションを組み合わせた。0-100km/hの到達タイムは5.7秒となっている。

シャシーコンポーネントと同じくドライブトレインにも、アルファロメオ自製の4WDシステム「Alfa Romeo Q4」を採用した。この4輪駆動システムは、走行状況に応じて前車軸に最大60%、後車軸に100%を上限に迅速なトルク伝達を行う可変トルク配分機構により、ドライバーが意図するラインをトレースすることが出来ると云う。

機能に裏打ちされたイタリアンデザインとスマートフォンとの連携が可能な最新インフォテインメントシステム

エクステリアで特に印象的なのはヘッドライトで、バイキセノン式ヘッドライト、LEDデイタイムランニングライトを備えたもの。これを包むエンジンフードやフロントフェンダーからドアアウターパネル、リアハッチに至る外板にはアルミニウム材を採用した。

インテリアは8ウェイパワー(前席、運転席メモリー付)のレザーシート、レザーステアリング、ヒーテッドステアリングなどを搭載。車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)はロータリースイッチにより直感的に操作できるようにした。Apple並びにAndroid端末にも対応。音響はHarman International社のHarman/Kardonプレミアムオーディオシステムを標準装備した。

ラゲッジルームは525リットルの容量を確保。電動で開閉するパワーテールゲートを標準装備し、小物入れなどの収納面でも利便性を高めた。

SUVにふさわしいユーティリティとに加え、先進運転支援装置を搭載

安全性能では歩行者検知機能付の前面衝突警報(FCW)を筆頭に、前方の障害物の存在をドライバーに警告し、次いでブレーキを作動する自動緊急ブレーキ(AEB)、車線からの逸脱を予防するレーンデパーチャーウォーニング(LDW)、高速走行時に安全運転を支援するアダプティブクルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)を標準で備えた。

最後に今回、日本導入モデルのステルヴィオ第1弾として投入されるファースト・エディション(Stelvio First Edition)は、内外装の特別装備により、上質感をさらに高めた仕様としている。

エクステリアは、レッド仕上げブレーキキャリパーや専用デザインの大径20インチ5ツインスポークアルミホイールにより足元を演出。インテリアにはプレミアムレザーシートやウッドパネルが特別装備されている。

なお、ファースト・エディションには、ソリッドが2色、メタリックが2色の計4色のボディカラーと、2トーンを含む4色のインテリアカラーが用意される。ボディカラーにより選択できるインテリアカラーの組み合わせは異なるため、詳細は車両や同社のWebサイトから確認されたい。車両価格は税込で689万円である。

  • モデル名称: Alfa Romeo Stelvio First Edition
    (アルファロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディション)
  • 販売台数:限定400台
  • ボディカラー: アルファ ホワイト(100台)/アルファ レッド(100台)/ ストロンボリ グレー(100台)/ブルカノ ブラック(100台)
  • 主要標準装備
    専用20インチ5ツインスポークアルミホイール
    レッド仕上げブレーキキャリパー
    プレミアムレザーシート
    ウッドパネル(ウォールナットまたはグレイオーク)
  • ボディサイズ:全長4,690mm×全幅1,905mm×全高1,680mm、ホイールベース2,820mm
  • パワートレイン
    直列4気筒 マルチエア 16バルブ
    インタークーラー付ツインスクロールターボ
    排気量:1,995cc
    最高出力:206kW(280ps)/5,250rpm(ECE)
    最大トルク:400N・m(40.8kg・m)/2,250rpm(ECE)
    トランスミッション: 電子制御式8速オートマチック
    駆動方式: 4輪駆動
    燃費:11.8km/ℓ(国土交通省審査値)
  • ハンドル位置:右
  • メーカー希望小売価格:6,890,000円 [税抜6,379,630円]

詳細サイト: