FCAジャパン、「Fiat 500X」の機能・装備を拡充


2015年10月デビューの500Xが初の仕様変更。ワンランク上の安全性と利便性を提供へ

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、「Fiat 500X(フィアット500X)」に装備を充実させる仕様変更を行い、7月1日(土)より全国のフィアット正規ディーラーにて販売開始した。

2015年10月にフィアット・ブランド初のスモールSUVとして登場した500Xは、現行500、及び往年の500の流れを汲んだデザインと居住性に加え、衝突リスクを軽減する自動ブレーキ(クラッシュミティゲーション付前面衝突警報)などの安全装備を備えた5ドアモデルである。

今マイナーチェンジでは、この500Xの機能装備を拡充させることで、スモールSUVの購買層の満足感を高める施策を行った。

そんな500Xに設定されるグレードは3タイプ。必要十分な機能装備を持つ4×2モデルの「Pop Star」と、レザーシートをはじめとする装備の充実により質感を高めた「Pop Star Plus」、専用エクステリアや9速AT、ルーフレールなどによりクロスオーバーの魅力を高めた四輪駆動モデルの「Cross Plus」がある。

Pop Starには、これまで設定のなかったバイキセノンヘッドランプやクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)を新たに標準装備して、上級グレードに迫る安全性を確保した。

さらに外装には、新デザインの17インチアロイホイールを採用し、内装はセンターコンソールの意匠を新しくした。

加えて、これまでブラック/ダークグレーのみだったシートカラーに新たにアイボリー/ダークグレーを設定するなど、質感の向上を図っている。

またPop Star Plusと、Cross Plusには、従来標準設定されていた衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備に加え、新たに標準設定モデルでは初となるアダプティブクルーズコントロール(ACC)を採用した。

これはレーダーセンサーにより前方車両を認識し、一定の車間距離を保ちながら自動で速度を調整するACCの標準化により、特に長距離移動時にドライバーの負荷や疲労を軽減し、より安全で快適なドライブを実現するもの。

さらにシートカラーについても、従来のブラウン/ダークグレーの色調を変更したほか、新たにブラック/ダークグレー内装を設定した。

ボディカラーには新色のベージュ カプチーノを設定。Pop Star Plusには三層パール仕上げパールペイントのイエローを追加(オプション)した。

<車両概要>
500X Pop Star/Pop Star Plus
【メーカー希望小売価格】
Pop Star:2,883,600円 [税抜 2,670,000円]
Pop Star Plus:3,121,200円 [税抜 2,890,000円]

【主な仕様】
エンジン:直列4気筒 マルチエア 16バルブ
インタークーラー付ターボエンジン
排気量:1,368cc
燃費(JC08モード):15.0km/ℓ
最高出力: 103 kW(140ps)/5,000 rpm [EEC]
最大トルク: 230Nm(23.5kgm)/1,750 rpm [EEC]
トランスミッション:
6速乾式デュアルクラッチオートマチック
ハンドル位置:右

500X Cross Plus
【メーカー希望小売価格】
Cross Plus:3,391,200円 [税抜 3,140,000円]
【主な仕様】
エンジン:直列4気筒 マルチエア 16バルブ
インタークーラー付ターボエンジン
排気量:1,368cc
燃費(JC08モード):13.1km/ℓ
最高出力: 125 kW(170ps)/5,500 rpm [EEC]
最大トルク: 250Nm(25.5kgm)/2,500 rpm [EEC]
トランスミッション:9速オートマチック
ハンドル位置:右
以上
※製品詳細