フェラーリ、WEC世界耐久選手権カラーの488Pistaを公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリ(Ferrari S.p.A、本社:伊・モデナ県マラネッロ、CEO:セルジオ・マルキオンネ)は6月15日、ル・マン24時間レースの開催にあわせユニークなAFコルセ仕様の Ferrari 488 Pista の「Piloti Ferrari」仕様を公開した。

このスペシャル・カスタマイズ・モデルは、レーシング・フェラーリで成功を収めたクライアント・ドライバーに敬意を表して創造したモデルだと云う。

フェラーリはこのエクスクルーシブなテーラーメイド・プログラムの最新版をサルト・サーキットで開催される伝説的なフランスの耐久レースのスタート前夜に初披露する予定。

披露する車両は、2017年 FIA 世界耐久選手権 (WEC)でアレッサンドロ・ピエール・グイディとジェームス・カラドにドライバーズ・タイトルを、そしてフェラーリにマニュファクチャラーズ・タイトルをもたらした AFコルセ 51号車 にインスパイアされたこの新型 Ferrari 488 Pista。

専用の特別装備は、フェラーリのモータースポーツ活動に参加する顧客向け限定バージョンとしてデザインされたとしている。

特徴的なエクステリアは、WECタイトルを記念する月桂樹、選手権ロゴと参戦クラスを示す「PRO」の文字を配し、イタリア国旗のデザインをあしらったレース専用車488 GTEを想起させる最新のカラーリングで仕上げられた。

今回ル・マンで発表されるバージョンは、世界チャンピオン・クルーがドライブしたNo.51となる。マットブラック仕上げのS-ダクト・エアロダイナミクスシステムとナチュラルカーボンファイバーの「ダブテール」リアウイングは、美しくパーソナライゼーションしたエクステリアを一層引き立てている。

「Piloti Ferrari」488 Pista は、レーシングの世界にインスパイアされた4色:ロッソ・コルサ、ツール・ド・フランス・ブルー、デイトナ・ブラック、ニュルブルクリンク・シルバーが用意された。

インテリアは、バックレストのセンターバンドにイタリア国旗が刻まれた専用穿孔シートを含めて、ブラック・アルカンターラ®仕上げ。

イタリア国旗カラーは、テクニカル素材製のフロアマットにも奢られているほか、ギアシフトパドルのエッジの特徴的な要素としても使用されている。エクステリアのカラーリングで使われた数字はステアリングホイールの基部にも配され、全てのカーボンパーツの仕上げはマットで統一されている。インテリアのカスタマイズは、特別装備の識別プレートと、テーラーメイドのカーボン・シルトリムによって完成する。

「Piloti Ferrari」Ferrari 488 Pista は、最高出力 720cvを発生する、最新の 3.9リットル V8ターボエンジンを搭載。このエンジンは、「2018 インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー・アワード」において世界のベスト・エンジンに選出され、3年連続の栄誉を手にしたパワーユニットでもある。