FUSO、小型トラック「キャンター」3車種でウルグアイ市場に再参入


 数年にわたる市場調査を経て、ウルグアイ市場のニーズに合わせて最適化製品を投入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)はウルグアイ市場に再参入した。FUSOブランドの卸売・販売会社であるAutolider Uruguay社を通じ3車種を投入する。

fuso-re-enters-the-uruguay-market-with-three-models-of-small-truck-canter20161114-1

Autolider Uruguay社は2013年にFUSOブランドの販売店として認定されました。ウルグアイ市場での成功を確実にするため、数年にわたる市場調査と同市場のニーズに合わせた最適化に取り組み、小型トラック「キャンター」、中型トラック「FA」、大型トラック「FJ」の3車種を販売開始しました。同時にカスタマーサービス拠点を開設。同拠点を通じてFUSOブランドの認知度向上を図る。

 小型トラック「キャンター」、中型トラック「FA」、大型トラック「FJ」の3車種を卸売・販売会「Autolider Uruguay」を通じて販売

Autolider Uruguay社長のカルロス・バスティン氏は、拠点開設式典でMFTBCとFUSOブランドの85年にわたる歴史を強調。また今回のウルグアイ市場へのFUSO製品投入に関し、成功を確信するとともに、さらなる市場開拓を期待すると述べた。

ウルグアイで約30年の歴史を誇るAutolider Uruguay社はダイムラー商用車部門のブランドの卸売・販売会社として、「メルセデス・ベンツ」ブランドのトラック、商用バン、バス、また「フレートライナー」ブランドのトラックを扱っている。

ダイムラー・トラック・アジア(DTA)の概要
ダイムラー・トラック・アジア (DTA)は80年以上の歴史を誇る三菱ふそうトラック・バス株式会社と、インド市場で躍進的な成長を続ける新会社ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社が共同で事業を行う組織。

DTAは製品開発、生産、輸出、調達、研究活動を共同で行い、顧客にとって価値ある製品とサービスを提供する戦略的なビジネスモデルを推進している。

Follow us on social media:
 To-jump-to-external-page20150401
 To-jump-to-external-page20150401