GMジャパン、キャデラックのラグジュアリー・セダン「CTS」のフロントデザインを刷新


ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GM ジャパン)は、キャデラックの中核を担うミドルサイズセダン、新型「キャデラックCTS」を全国のキャデラック正規ディーラーネットワークで2017年5月20日から販売する。

この新型「キャデラックCTS」では、キャデラックとしての方向性は踏襲しつつ、フロントグリルをより力強いデザインに変更した。

またクラス初のリアカメラミラーを導入して、安全装備を追加するなど、スタイリング・装備を充実させると同時に、競争力のある新価格を設定し、商品訴求力を一層高めた。その新価格は税込で7,450,000円となっている。

加えてアクティブオンデマンドAWDによるオールラウンドの高い走行性能、10エアバッグシステムをはじめとする最新の安全性の高さ、最高級のレザー素材やリアルウッドパネルやカーボンパネル等による上質な室内空間など、このクラスのセグメント域を牽引できるだけの魅力を、幅今後も広く顧客層に向けて訴求していくと述べている。

新型「キャデラックCTS」の主な変更点は以下の通り

NEWフロントグリル:フロントグリルのデザインを変更。精悍なグリルデザインとし、キャデラックの特徴を強く印象づけた。具体的には、長く、より低く、より引締った、力強い精巧なデザインを通してスポーティで精悍な魅力を加えた。

クラス初のリアカメラミラー導入:最新の安全装備として、クラス初となるリアカメラミラーを導入した。

具体的には、後方カメラからの映像をライブで投影することで、従来比3倍の視野を確保しブラインドスポットを低減させている。後退時の後方視界の確保だけでなく、レーンチェンジ時の不安が大きく解消される装備となっている。

新価格の設定:装備をさらに充実させる一方、価格を変更した。具体的には750万円を切った価格に設定することで、商品競争力を高め、より幅広い層へのアプローチを狙うと共に、系列キャデラックシリーズからの乗り換え需要も促していく。

インテリアカラーに新色を採用:インテリアカラーにシックで落ち着いた新色のコナブラウンを採用した。これによりコナブラウンを含む3タイプのラインアップとなり、オーナーにとっては室内空間の選択肢が拡大している。

新型「キャデラックCTS」その他の特徴
伸びやかなスタイリング:美しさと技術力に裏付けされたデザインコンセプトを具現化。ダイナミックかつエレガントなスタイリングを実現している。

最新のAWDシステム:アクティブオンデマンドAWDを搭載、あらゆる路面状況にも対応する高い走行性能を達成。

最新の安全技術を搭載: 10エアバッグ、フロントオートブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどをはじめとする最新安全装備を搭載。

厳選した素材による上質なインテリア: 最高級レザーシート、ナチュラルウッドトリム、カーボンパネル等を内装に使用。ラグジュアリー・セダン基幹モデルならではの上質でエレガントなインテリアに仕上げている。

新型「キャデラック CTS」
ステアリング:左
全長×全幅×全高:4,970×1,840×1,465mm
車両重量:1,780kg
乗員定数:5名
エンジン種類:直列4気筒DOHC(インタークーラー/ターボチャージャー付)/1D
総排気量:1,998 cc
最高出力:203kW (276PS) /5,500rpm (SAE)
最大トルク:400N・m (40.8kg・m) /3,000-4,500rpm (SAE)
駆動形式:全輪駆動
トランスミッション:8速オートマチック
ボディカラー:クリスタルホワイト トゥリコート /ステラーブラック メタリック
インテリアカラー:コナブラウン/ジェットブラックアクセント/エルムナチュラルウッドトリム

キャデラックWebサイト:  

キャデラックFacebook: