阪神電鉄+オリックス自動車、鉄道&カーシェアで連携へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

orix-and-cooperation-the-transfer-guidance-and-car-sharing-app-30-seconds-car-share-use-the-fastest-route-from-search20150808-2

阪神各駅へのカーシェア設置を推進し、交通利便性の向上を目指す

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原 崇起。以下「阪神電鉄」)と、オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信。以下「オリックス自動車」)は4月25日、阪神沿線での交通利便性の向上(フィーダー輸送の拡充)を目的として業務提携を行い、阪神電鉄各駅へのカーシェアリング車両の設置を推進する。

これに併せて5月1日から、両社が連携した取組みを開始すると発表した。なお、2016年5月9日~7月31日の期間中、この業務連携を記念したキャンペーンも実施していく構え。

この取組みは、阪神沿線の目的の場所までの移動の際、最寄り駅までは鉄道で、当該駅から目的地まではカーシェアを利用するという選択肢を提供するというもの。

駅からの交通手段を充実させ、最寄り駅までは鉄道を利用することで、渋滞回避などによる移動時間の可視化や効率化及び観光・レジャー等での利便性向上を図ると共に、地域の環境負荷低減を推進し、これらを通じて、より住みやすい街づくり及び沿線の活性化に貢献していく。

また、阪急阪神グループの「STACIA PiTaPa」カードはオリックスカーシェア車両の「鍵」としても利用できるようにし、1枚のカードで鉄道、バス、カーシェアなどによる移動やショッピングなどへの活用を後押ししていく。

hanshin-electric-railway-orix-car-cooperation-in-railway-and-car-share20160429-1

今後両社は、オリックスカーシェア拠点の設置及び普及促進に向けた告知等を行い、鉄道利用の促進及びカーシェア会員の増加を共に図っていく。

なお、カーシェア拠点の整備状況については、4月25日までに、阪神線(本線、武庫川線、阪神なんば線及び神戸高速線)の20駅周辺に、合計25か所のカーシェア拠点を設置。

さらに今後、阪神電鉄の高架下等も活用し、阪神線全51駅のうち特急及び急行停車駅を中心として、30駅以上に拠点の拡大を図る予定。

阪神電鉄では、沿線活性化に向けた取組みを継続すると共に、グループ会社を通じてタクシー、バス等の事業を展開しており、特に、バス事業については、去る3月に尼崎市のバス事業の移譲を受けるなど、フィーダー輸送の拡充に取り組んでおり、今回の取組みも、その一環として行う。

オリックス自動車では、自動車リース、レンタカー、カーシェアリング事業で現在、関西エリアでは249か所にカーシェア拠点を設けており(4月25日現在)、またスマートフォン用アプリ「乗換案内」とのシステム連携を行うなど、公共交通機関との組合せ利用を促進している。

阪神電鉄及びオリックス自動車の連携内容
1 阪神沿線におけるカーシェアリング拠点の展開
阪神線の高架下等も活用し、阪神線全51駅のうち特急及び急行停車駅を中心として、30駅以上に拠点の拡大を図る。

また、鉄道及びカーシェアリングの普及促進に向けた告知活動も、両社が連携して行っていく。

2 初回キャンペーンの実施
(1)初回入会特典
2016年5月9日~7月31日の期間中、オリックスカーシェアの入会者を対象に、オリックスカーシェアのICカード発行手数料(1,000円)、当初2か月間の月額基本料(2,000円×2か月)及び時間料金2時間分(※)を、それぞれ無料で提供する。

※ 個人 A プランについては、時間料金(15 分 200 円)の 2 時間分(1,600 円)が無料。15 分 300円の個人 B プランについては、1,600 円分に相当する 1 時間 15 分の時間料金が無料。

(2)その他
入会から2か月以内にオリックスカーシェアを利用した「STACIAPiTaPa」カード会員(※)には、S ポイントを 1,000 ポイント進呈する。
※ 主な公共交通機関への乗車に加えて、阪急・阪神百貨店や、阪急三番街・ハービス OSAKA などの直営ショッピングセンター、阪急阪神ホテルズの直営ホテルなど、阪急阪神グループの各施設で、各種特典が受けられるカード。2016 年 4 月 1 日現在、会員数約 111 万人。

(3)「STACIA PiTaPa」との連携
阪急阪神グループが発行している「STACIA PiTaPa」カードは、現在オリックスカーシェア車両の「鍵」として利用できるため、1枚のカードで鉄道、バス、カーシェアなどによる移動や、ショッピングなどの利便性が向上する。

(参考)阪神線におけるオリックスカーシェア 整備状況 ※4 月 25 日時点hanshin-electric-railway-orix-car-cooperation-in-railway-and-car-share20160429-2