ホンダ、ミラノショー出展の新型二輪車「X-ADV(エックス エーディーブイ)」量産化決定

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

honda-jet-Japan-premiere20150424-21-min

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、昨年のミラノショー2015(EICMA2015)に出品した「City Adventure Concept」をベースに、鋭意開発を進めている新型二輪車「X-ADV(エックス エーディーブイ)」を、2017年の発売開始に向けて量産化する。なお、この「X-ADV」は、本年11月にイタリアで開催されるミラノショー(EICMA2016)にて、その詳細が発表される見込みとなっている。

honda-the-new-two-wheeled-vehicle-x-adv-x-edibui-of-the-milan-show-exhibitors-mass-production-decision20160923-1

ホンダによると、このX-ADVは、アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させた、新しいジャンルを目指したモーターサイクルであると云う。

アップライトなライディングポジションと、衝撃吸収性に優れた前後サスペンションなどによって、未舗装路の走行にも考慮。

また、5段階に調節可能なウインドスクリーンや、フルフェイスヘルメットが収納できるラゲッジボックスを装備するなど、都市部での快適な走行と高い利便性も備えている。

honda-the-new-two-wheeled-vehicle-x-adv-x-edibui-of-the-milan-show-exhibitors-mass-production-decision20160923-2

新型X-ADVは、ライダーのより充実したライフスタイルを演出すると共に、楽しさを広げる製品としてリリースを控えている。

この新たなコンセプトを実現する装備として、トランスミッションには同社独自の二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備した。
なおEICMA2016では、この新型X-ADVによる新たなモーターサイクルの世界を提案していく用意があると謳っている。