市光工業、インドネシア子会社を完全子会社化

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

市光工業株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:オードバディ・アリ)は、現地企業PT.パイオニアとの合弁でインドネシア子会社であるPT.イチコウインドネシアについて、4月20日付にて合弁先の保有する30%の全株式に関わる売買契約を締結し、完全子会社とした。

同社は、この完全子会社化により意思決定の迅速化を図り、インドネシアでの売上拡大に注力すると共に、顧客サービスの向上を図っていく構え。

なお、同子会社に於いては、生産効率の改善や競争力の強化を図るべく、2016 年度から 2017 年度にかけて新規設備の導入やレイアウト変更などで11億円の設備投資を推進中でもある。

同社は、この投資についてアセアン地域のビジネス拡大を図る当社の経営戦略に基づき実施しているとしている。