東洋紡、エアバッグ事業に総額100億円を投資。第一段階はタイでの能力倍増を目指す

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋紡株式会社(本社:大阪市北区堂島、代表取締役社長:楢原 誠慈)は12月28日、自動車用のエアバッグ事業において、2017年度から2020年度にかけて総額100億円の投資を行い、拠点の整備、生産能力の増強等を図っていくと発表した。

これを踏まえた第一段階として、タイの既存織布工場からエアバッグ用基布の織布工場を分離、自社化したうえで、生産能力を倍増させる。

これを手始めに、グローバル市場におけるエアバッグ用ナイロン原糸および基布の供給体制を確固なものにし、さらに存在感のある企業として、社会の期待に応えていくとしている。

1.同社のエアバッグ事業について
同社は、1993年に当時の蘭・アクゾ社からエアバッグ用基布のノンコート技術を取得し、エアバッグ事業に本格参入した。

従来のコート布より高生産性、低コストであるノンコート布を武器に市場での存在感を高め、国内自動車メーカーにおけるシェアでは常にリーディングポジションを維持してきた。

そして2001年には、東南アジアにおける自動車産業の中心地であるタイに基布生産の拠点を、2011年には中国に、2012年には北米に拠点を設立し、日本を含む世界4拠点でグローバルにエアバッグメーカーの需要に応えてきた。

一方、2014年には、ドイツの原糸メーカーであるPHP社をタイ・インドラマ社と共同で買収し、エアバッグ用ナイロン原糸の供給量では世界の4割を占める地位を確立。

これにより、日系自動車メーカーだけでなく、世界のメーカーに原糸と基布を供給できる体制を整えた。

ちなみに東洋紡敦賀事業所より提供されている自動車のエアバッグ用基布は、現段階においても国内シェアナンバーワンを誇る。

加えて今日においてエアバッグは、前面衝突に対応した運転席用・助手席用だけでなく、側面衝突や横転にも対応できるサイドカーテンバッグや、足元や膝への衝突を吸収するニーバッグなどへの需要も高い。

こうした広域用途で、同社製のナイロン66原糸を使用したエアバッグ用基布は、「LDPF=Low Denier Per Filament」化と呼ばれる単繊維の細いフィラメントを使用していることから、一定の強度を維持しながらも「薄さ」「軽量」「コンパクト」さで一日の長がある。

今回の投資は、昨今エアバッグメーカー再編の動きも見られる中で、同社グループに対する各主要メーカーからの要求と期待も日増しに高まっていること。

さらにエアバッグ市場は、これからも年率6%で成長するとの見通しもあることなどを踏まえ、今投資により、拠点の整備と生産能力の増強を行い、2017年以降の需要拡大に応える体制づくりを進めていく構え。

2.タイにおける新会社について
具体的に同社は、タイの既存織布工場からエアバッグ用基布の織布工場を分離し、2017年1月に新会社を設立して自社化を目指す。また今後、設備投資により生産能力を倍増させるとしている。

・社名 :TOYOBO SAHA SAFETY WEAVE CO.,LTD.
・所在地 :49 Mu 3 Poochaosamingprai Rd., Samrongtai, Pharapradaeng,
Samutprakarn 10130 Thailand
・資本金 :10億THB(約30億円)
・出資比率 :東洋紡 75%、SAHA グループ 25%
・設立時期 :2017年1月 (2017年3月事業開始)
・事業内容 :エアバッグ用基布の製造
・設立の目的 :今後の需要拡大の中で、顧客からの品質・開発・販売等への要求に迅速に対応するため

3.これからについて
同社グループは、タイへの投資を手始めとする総額100億円の投資により、アジア(日本、タイ、中国)と北米でのエアバッグ事業の位置付けを強固なものにする。またPHPとの協力のもと、欧州での拠点整備も検討していくと云う。