ブリヂストン、「2016知的財産報告書」を発行


株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は05月16日、当社グループの知的財産活動への取り組みについてまとめた「2016知的財産報告書」を同社WEBサイト上で公開した。

同社は2004年1月に経済産業省が公表した「知的財産情報開示指針」に沿って2004年から知的財産報告書を発行しており、今回で13回目の発行となる。

issue-bridgestone-the-2016-intellectual-property-report20160518-2

同報告書内容
1.ごあいさつ
2.2016年の知的財産活動の重点課題
3.知的財産の事業への貢献(具体例)
4.社外表彰

報告書では、2015年に成果のあった知的財産活動の事例や当社グループが今後取り組むべき知的財産活動の課題などを紹介している。

具体的な事例として、「グアユール」※由来の天然ゴムを使用したタイヤに関する戦略的な知的財産活動を取り上げている。

issue-bridgestone-the-2016-intellectual-property-report20160518-1
クリック、タップまたはピンチアウトで1040ピクセルまで拡大表示

同社では、「企業経営を支える重要な経営資源として知的財産を位置付けており、企業価値の最大化に貢献する知的財産活動を推進しています。

本報告書を通じて、皆様に当社グループの知的財産活動に対するご理解を更に深めていただきたいと考えています。

なお、本報告書は、紙資源節減のため紙媒体での発行は行わず、下記WEBサイトでPDF版を公開しています」と述べている。※「グアユール」とは、その組織の中にゴム成分を含む米国南西部からメキシコ北部の乾燥地帯が原産の低木。

知財報告書:
 To-jump-to-external-page20150401