トミーカイラZZを生んだGLM、パリモーターショーに新コンセプトカー「GLM G4」の出展へ


it-gave-birth-to-tommykaira-zz-glm-to-the-exhibition-of-the-new-concept-car-glm-g4-to-the-paris-motor-show20160914-3

オランダの自動車デザインハウスに出資・提携。次世代EVスーパーカーのティザーサイトを開く

京都大学発のベンチャー企業で、電気自動車のスポーツカー量産を国内に於いて初めて事業化したGLM株式会社(本社所在地:京都市左京区、代表取締役社長:小間 裕康、以下GLM)は、今回、新世代のEVスポーツカーの最新モデル「GLM-G4」を、仏・パリモーターショー2016(2016年10月1日(土)~16日(日)に初出展する。

it-gave-birth-to-tommykaira-zz-glm-to-the-exhibition-of-the-new-concept-car-glm-g4-to-the-paris-motor-show20160914-2

これを踏まえ9月13日、出展予定のコンセプトカー「GLM-G4」のティザーサイト< >を開設。今後、パリモーターショー開幕に併せて、段階的に車両イメージを公開していく構えだ。

なおこの「GLM-G4」は、同社初の量産車「トミーカイラZZ」に次ぐ、次世代コンセプトカーとなる。

この新たなコンセプトカーの開発・出展にあたって、GLM代表取締役社長の小間裕康氏は、「当社が今回のようなモーターショーに出展するのは国内外で初めてとなりますが、これを契機に社内の意識と社外(世界)の注目度を上げ、開発に弾みをつける狙いがあります。

加えて歴史と文化の中心であるパリに於いて、次世代コンセプト車両を発表することに強い意義を感じています。

この度、当社が発表するGLM-G4は、既存の自動車カテゴリーとは一線を画すものとなり、自動車業界で当社を新たなポジションの確立へ導くものとなります。

GLM-G4は、当社がこれまで築き上げたEVテクノロジーを最大限に活用し、これまで誰も目にしたことのないオリジナリティ感溢れるクルマです。

この世界最先端技術を投入した新たなEVスーパーカーの投入を契機に、世界中の人々を、さらにわくわくさせるような革新的なEVの姿を目指します」と語っている。

it-gave-birth-to-tommykaira-zz-glm-to-the-exhibition-of-the-new-concept-car-glm-g4-to-the-paris-motor-show20160914-1

そんなGLMが目指す次世代車両の方向性については、ドライブトレイン、エレクトロニクス、ソフトウエアシステム、パッケージング等を対象に、既存車両にはいまだ採用されていない最先端技術の実現を目指していると云う。

またこの新型車両の実現については、大手自動車事業会社との提携も進めており、今後随時発表の予定とも述べている。

GLM株式会社では、パリに於ける車両発表に伴い目下、次世代車両量産の体制を整えている。具体的には、現同社の10倍程度の広さとなる研究開発拠点を京都府宇治市に開設。同地に4階建ての自社ビルを取得し、本社も移転する予定。

上記新拠点の稼働開始は、2017年3月上旬を目指しており、組織体制の強化を急いでいる。これを踏まえ、自動車設計エンジニアとして30人の経験者を新たに迎え入れる計画だ。

なおGLM株式会社では、今回の新たなコンセプトカー開発にあたって、オランダの自動車デザインハウス「サヴェージ・リヴァーレ」社の株式を取得し、次世代車両コンセプト開発で業務提携も行っている。

ちなみに「サヴェージ・リヴァーレ」社(Savage Rivale)は、オランダの新興の自動車デザインハウスである。同社は創業以来、革新的なコンセプトならびにそれを体現するデザインの創造に注力してきた。

去る2011年には、V型8気筒スーパーチャージャーエンジン搭載の4ドア4シーターのスーパーカーコンセプトモデル「Savage Rivale Roadyacht GTS」(サヴェージ リヴァーレロードヨット GTS)を発表し話題を集めた。

最後にパリモーターショーこと「モンディアル・ド・ロトモビル(Mondiale de l’Automobile)」は、1898年に開始され、自動車業界の世界で最も長い歴史を誇る自動車の展示会である。 To-jump-to-external-page20150401