日本無線、二輪車用GPS付きETC2.0車載器を開発し今夏発売へ


japan-radio-co-ltd-to-develop-a-gps-with-etc2-0-the-vehicle-mounted-device-for-two-wheeled-vehicle-to-launch-this-summer20160328-5

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:土田隆平)は、GPS付き二輪車用ETC2.0車載器JRM-21を開発し、2016年7月より販売を開始すると発表した。

japan-radio-co-ltd-to-develop-a-gps-with-etc2-0-the-vehicle-mounted-device-for-two-wheeled-vehicle-to-launch-this-summer20160328-1

販売ルートは、国内二輪車メーカ関連の販売会社、全国チェーンの二輪販売店、大手二輪用品店、輸入車正規取扱い日本法人などへ納入し、それぞれの販売ルートよりプロショップ、用品店、輸入車正規取扱いディーラーなどで販売/セットアップ/取付けを行う。

特長
・GPS受信機に車載機器で実績がある自社製マルチGNSS受信機を採用
・従来のETC車載器と同等サイズのコンパクト設計
・従来のETC車載器と同等の耐環境性能
・四輪車用ETC載器とは異なる二輪車用独自のカード装着方法を採用
・水に濡れても壊れない専用ICカードコネクタを採用
・ETC2.0搭載車両を対象とした料金割引に適応

仕様
品名:二輪車用ETC2.0車載器
型名:JRM-21
発売日:2016年7月
外観や希望小売価格については、後日発表となる。

japan-radio-co-ltd-to-develop-a-gps-with-etc2-0-the-vehicle-mounted-device-for-two-wheeled-vehicle-to-launch-this-summer20160328-2
写真は既存型の二輪車用ETC車載器「JRM-12」。新たな車載器は、この既存タイプと同等サイズのコンパクト設計になるとされている。

※ETC2.0は、自動料金支払いだけでなく、全国の道路に設置されたITSスポットを通して集約される経路情報を活用した新しいサービスが予定されており、ETC2.0搭載車両を対象とした料金割引も予定されている。具体的には…、
・一時退出した場合でも、高速を降りずに利用した料金のままとする措置の導入
・混雑状況に応じた動的な料金の導入など。

ETC2.0サービスの詳細は、下記の国土交通省ウェブサイトを参照されたい。
< >

Tuvichomsaoの関連記事
次世代ETC、ITSスポット情報を活用したサービスは「ETC2.0」へ