ジェイテクト、モロッコに電動パワーステアリングの生産拠点を設立

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ジェイテクト(本店:大阪市中央区南船場3丁目5番8号、代表取締役社長:安形哲夫、以下ジェイテクト)は6月28日、モロッコで当社初めての生産拠点『JTEKT AUTOMOTIVE MOROCCO S.A.S. (JAMO)』を2017年9月に設立するとを発表した。

ジェイテクトでは今後、自動車部品の需要が飛躍的に伸びる期待が高まるモロッコで、JAMO は電動パワーステアリングの生産・供給により、各メーカーのニーズに、迅速かつ的確に応えていきたい。
また、これまで日本をはじめ、世界各地で培ってきた電動パワーステアリングの技術、生産ノウハウを活かし、安定した高品質の製品を生産し、北アフリカ地域を中心とした自動車産業の発展に貢献していくと述べている。

[新工場の概要]
1.会社名: JTEKT AUTOMOTIVE MOROCCO S.A.S.(JAMO)
2.所在地: モロッコ王国 タンジェ州 タンジェ オートモーティブ シティ内
3.設 立: 2017 年 9 月
4.資本金: 9,600 千ユーロ(約 12 億円)
5.出資比率: JTEKT EUROPE S.A.S. (および JTEKT AUTOMOTIVE LYON S.A.S.) 100%
6.投資額: 約 31 億円
7.社員数: 約 60 人 (開始時点)
8.生産能力: 約 23 万台/年 (開始時点)
9.敷地面積: 約 65,000m²
10.建屋面積: 約 11,000m²
11.工場竣工: 2019 年 2 月 (予定)
12.生産開始: 2020 年央 (予定)
13.事業内容: 電動パワーステアリングシステムの製造・販売

なお今後の見通しとしては、今回の同社初の北アフリカでの生産拠点を足がかりとして、市場に期待されている省エネルギー性に秀でた製品を在モロッコの個客。

さらには北アフリカ並びに中東のマーケットに提供していく構え。また需要の拡大に伴い、拠点の強化を図るとともに現地開発区と連携し、ローカルサプライヤの発掘・育成を推進し、モロッコの発展に資する活動を展開していくとしている。