ジェイテクト、トムソン・ロイター社「Top100グローバル・イノベーター」初受賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

jtekt20150829-1

株式会社ジェイテクト(本社:大阪市中央区南船場3丁目5番8号、代表取締役社長:新美篤志)は、トムソン・ロイター社が世界で最も革新的な企業・機関を選出する「Top100グローバル・イノベーター2015」に選出された。同社にとっては初めての受賞となる。

「Top100グローバル・イノベーター」は、世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター社が同社保有の特許データを基に知的財産・特許動向の分析を行い、優れた研究開発活動によって独創的な知的財産を生み出し、その高い技術力が評価された企業や機関を表彰する賞典。

jtekt-thomson-reuters-top100-global-innovator-first-award20151125-1

「Top100グローバル・イノベーター」は2011年に始まり、今回で5回目の発表となる。その選定基準は以下の4点となる。

1.数量: 特許取得件数(直近5年間の特許を取得した件数)
2.成功率: 特許出願した中で登録に至った割合
3.グローバル性: 主要市場(欧州、米国、中国、日本)における基本特許の取得数
4.影響力: 出願した特許の他社発明における引用度

トムソン・ロイター社は同社の選出理由について、「4つの基準のうち、グローバル性と影響力において高いスコアであり、特にグローバル性では非常に高いスコアを獲得しています。この事が今回の初選出につながった」とコメントしている。

なお、今回選出された100社のうち、日本の企業は40社(前回は39社)を占め、世界最多の選出件数となった。

トムソン・ロイター社
カナダの大手情報企業であるトムソンコーポレーションが英国のロイター社を買収して2008年に設立された世界的な情報サービス企業。