カツラダモータース、イタリア製EV 「BIRO」試乗会を9日・10日の世田谷で開催


家庭用コンセントで充電できるイタリア製電気自動車 「BIRO」試乗会を9月の東京で実施

株式会社カツラダモータース(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:桂田 宗慶)が運営するBIRO JAPAN(ビロ・ジャパン)は、超小型モビリティ「BIRO(ビロ)」の試乗会を、東京・世田谷区・駒沢公園ハウジングギャラリーステージ2にて9月9日(土)・10日(日)に開催する。

BIRO JAPANは2017年4月、日本第1号店として大阪・大阪市内に「BIRO STORE(ビロ・ストア) Osaka」をオープン。

以来、大阪での「BIRO」試乗会は、メディア関係者だけでなく、一般の方々から好評を得ている。そこで、これを受けて同社では、東京でも同様の試乗会を開催する。

BIROを開発したエストリマ創始者のマッテオ・マエストリ氏

ちなみにこの超小型モビリティ「BIRO」は、イタリアのエストリマ社(Estrima)が開発・製造を手掛け、家庭用コンセントで充電可能なバッテリーを搭載したイタリア生まれの電気自動車である。

BIROを開発したのは、エストリマの創始者マッテオ・マエストリ氏。その着想の原点し、自由に移動したり、駐車場を見つけたり、日々の生活をこなしたりするのが難しいという日々の経験にあった。

そこで都市での稼働性の質を改善することに取り組み、家族で経営していた土工機械のキャビンの製造のノウハウを利用してBIROを開発した。

エストリマはBIROによって、都市での人々の生活における毎日の移動を簡単にしたいと考えており、このエストリマが目指す思想がBIROを生みだした。

その特徴は、全長=約174、全幅=103、全高=156センチの超小型モビリティであること。一般的な乗用車1台分のスペースに「BIRO」なら4台分を駐車することが可能。

また日本の道路交通法上では「ミニカー」扱いとなるため、普通自動車免許/AT限定免許で運転可能。一般道の法定速度は60キロとなる。

重量税、取得税のほか、車庫証明、車検は不要。保険や税金などの維持費も、原付バイク並みとなる。

搭載バッテリーはリチウムイオンタイプで、電気モーターで走行
後、バッテリーは簡単に取り外して、家庭用コンセントで充電が可能(約3時間でフル充電、約55キロの走行が可能)。

車体色はフレーム、ボンネットそれぞれ99色のカラーリングが選択出来る。なお価格は150万円~となっている。BIRO JAPANでは2017年度、30台の販売をめざしていると云う。

なおイタリアに於いて同車は2人乗りであるのだが、日本の現行の道路交通法上では1人乗りとなる。

試乗会の概要は以下の通り
日時:2017年9月9日(土)・10日(日) 午前11時~午後5時
会場:駒沢公園ハウジングギャラリーステージ2(世田谷区深沢4-6)
問い合わせ・申し込み:  

なおBIRO JAPANは2017年4月に、店舗面積約16.5平方メートル(約5坪)の「BIRO STORE Osaka」をオープンしている。

所在地: 〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1-1-3-100 大阪駅前第3ビル1階16号
電話番号: 06-6147-9163(090-3280-5050)(代表)
営業時間: 午前10時~午後1時30分、午後3時~午後5時
定休日: 毎週日曜・月曜日
公式サイト:  

株式会社カツラダモータース
本社: 〒663-8113 兵庫県西宮市甲子園口4-22-28
代表者: 代表取締役社長 桂田 宗慶
設立: 1922年
電話番号: 0798-67-5506(代表)
URL:  

株式会社カツラダモータースは、BMW Motorrad正規販売ディーラー「モトラッド阪神」「モトラッド神戸」の運営。カンナム・スパイダー正規販売店「カンナム・スパイダー カツラダ」の運営。スズキ四輪 正規販売ディーラー「スズキ アリーナ阪神(アリーナ店)」を運営している。