ランドローバー、誕生70周年の特別ライブ中継を実施


1948年の「LAND ROVER」発表から、70周年を迎えた4月30日を「World Land Rover Day」と冠するオンラインイベント

ジャガー・ランドローバーオートモーティブPLC(Jaguar Land Rover Automotive PLC、本社:英国・コベントリー、CEO:ラルフ・スペッツ)は英国時間の4月30日、誕生70周年を迎えたことを記念し、「World Land Rover Day」イベントを実施し、これをオンラインでライブ中継した。

同イベントで歴代のランドローバーのモデルと、その開発・製造に携わった人々、そしてそれらを運転してきた人々が登場。過去70年間で、ランドローバーが世界中で成し遂げてきた冒険や、人道的な支援活動、階級や文化を超えた取り組みの数々を讃えた。

ライブ中継は、かつてアムステルダム・モーターショーで初代「LAND ROVER」がデビューした日から70年目にあたる4月30日(月)20:00(日本時間:5月1日(火)4:00)から始まり、第二次大戦後に実用的なモデルとして誕生した「LAND ROVER」が、700万台以上の販売台数を記録するほど世界中で愛される4×4モデルに成長してきた軌跡を振り返った。

また、ランドローバーが送り出してきた名車、そして、これまでの偉業や語り継がれる伝説に携わってきた人物、将来の展望について、ジャガー・ランドローバー・クラシックからライブ中継で紹介し、この施設の内部を案内した。

ランドローバーシリーズは1948年以来、本格的な4×4を継続して製造してきた。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「DISCOVERY SPORT」、「RANGE ROVER」、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER VELAR」、そして「RANGE ROVER EVOQUE」は、それぞれが世界の4×4市場の各カテゴリーを代表するモデルとなっている。そして現在、これらのモデルの80%は輸出され、世界100か国以上で販売されている。

そんなランドローバー70年の歴史は以下の通り
– 1948年: 「LAND ROVER Series I」をアムステルダム・モーターショーで初披露
– 1953年: 「LAND ROVER Series I」のロングホイールベース版を発表
– 1956年: オックスフォードとケンブリッジの学生が「LAND ROVER Series I」でロンドンからシンガポールを走破
– 1958年: より洗練されたデザインとなった「LAND ROVER Series II」を発表
– 1970年: 2ドア・モデルの初代「RANGE ROVER (CLASSIC)」販売
– 1971年: 「LAND ROVER Series III」を発表
– 1972年: 「RANGE ROVER」が18,000マイルにおよぶトランスアメリカ・エクスペディションで、道のないジャングル「ダリエンギャップ」越えに成功
– 1976年: 「LAND ROVER」の製造が100万台を突破
– 1979年: 「RANGE ROVER」が第1回パリ・ダカール・ラリーを制覇(1981年にも再び制覇)
– 1981年: 「LAND ROVER」とキャメルトロフィーのパートナーシップ締結
– 1981年: 4ドア・モデルの「RANGE ROVER」発表
– 1989年: ランドローバー第3のモデル「DISCOVERY」の販売
– 1990年: 初代ランドローバー“Landie”を「DEFENDER」として販売
– 1994年: 第2世代「RANGE ROVER」発表
– 1997年: 革新的な新技術「ヒル・ディセント・コントロール」を採用した新型「FREELANDER」を発表
– 2001年: 独立懸架式エアサスペンションを搭載した第3世代「RANGE ROVER」を発表
– 2003年: 第1回G4チャレンジで、16のチームが米国、南アフリカ、オーストラリアを横断
– 2004年: 「RANGE STORMER CONCEPT」を発表し、「RANGE ROVER」のパフォーマンスと3ドア・モデルの未来を示唆
– 2004年 :第3世代「DISCOVERY」である、「DISCOVERY 3 / LR3」をニューヨーク・モーターショーで発表
– 2005年:「RANGE ROVER SPORT」発表
– 2006年: 「FREELANDER 2 / LR2」発表。ヘイルウッド工場で製造する初のランドローバー・モデル
– 2007年: コンセプトカー「LRX」を発表し、新しいラグジュアリー・コンパクトSUVのデザイン言語を提示
– 2009年: 第4世代「DISCOVERY」発表
– 2010年: 世界初のラグジュアリー・コンパクトSUV「RANGE ROVER EVOQUE」が世界デビュー
– 2012年: 第4世代「RANGE ROVER」発表。初のオールアルミニウム製ボディを採用したSUV
– 2013年: 新世代「RANGE ROVER SPORT」をニューヨーク・モーターショーで発表
– 2014年: スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)を正式に設置
– 2014年: 「RANGE ROVER SPORT SVR」発表。ランドローバー史上最速かつ最も卓越した俊敏性とパワーを実現
– 2014年: 「DISCOVERY VISION CONCEPT」を発表し、新しいDISCOVERYファミリーのデザイン・ビジョンを公開
– 2014年: 5+2シートのプレミアム・コンパクトSUV、新型「DISCOVERY SPORT」発表
– 2015年: 「DEFENDER」製造終了に伴い、3つの限定モデルを発表。記念イベントとして英国最大のサンドアートを製作し公開
– 2015年: 「RANGE ROVER SVAutobiography」ロングホイールベースをニューヨークで発表
– 2015年: 世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVコンバーチブル・モデル「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE」を発表
– 2015年: ワンオフ・モデル「DEFENDER 2,000,000」がチャリティ・オークションで£400,000で落札される
– 2016年: 最後の「DEFENDER」がラインオフ
– 2016年: 世界初のリモート・インテリジェント・シート・フォールド機能を搭載した新型「DISCOVERY」発表
– 2017年: 第4のRANGE ROVERモデルである新型「RANGE ROVER VELAR」を発表
– 2018年: 限定モデル「RANGE ROVER SV COUPE」がジュネーブ・モーターショーでデビュー

戦後、実用的な車両として誕生し700万台以上もの販売台数を記録。世界中で愛される4×4モデルになるまでの軌跡を振り返る

このイベントに於いて、ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)、ラルフ・スペッツ博士は、「ランドローバーというブランドは1台の車両から誕生しました。

今日、当社が提供するSUVモデルは、70年にわたって築いてきたランドローバーたるもの、つまりイノベーションに対するパイオニア精神が息づいています。

『DEFENDER』、『DISCOVERY』、そして『RANGE ROVER』の各ファミリーは、他の追随を許さない走破性能、多用途性、ラグジュアリーさがあり、これからの70年も成功に向けて確固たる基盤を築いていきます。

ランドローバーは、どのような地形であっても最高のオールテレイン走破能力を発揮するモデルというだけではありません。冒険への情熱を通じて人々をつなげ、世界をより刺激的なものにするのです。当社の従業員だけでなく、お客様や愛好家の皆様が、ひとつのファミリーとして、ランドローバーを特別な存在にしてくれているのです」と語った。

歴代の名車を展示したほか、その開発・製造に携わった人々やランドローバーを愛し運転してきた人がその思いを語る

なお「World Land Rover Day」では、「LAND ROVER」のプロトタイプである第一号車『Huey』、2ドア・モデルの初代「RANGE ROVER(CLASSIC)」、フルサイズSUVの「DISCOVERY(定員7人)」の他、そしてこれまでの数十年間にわたる探検を通じ、その性能の高さを実証してきたモデルなど、ランドローバーのラインアップ各種が、英国コベントリーにあるランドローバー・クラシック・ワークスのステージで披露された。

加えて「RANGE ROVER EVOQUE」や「RANGE ROVER VELAR」などを含む現行ラインアップも各セクターに新しい価値や定義を打ち出したモデルが現れ、そして、ランドローバーを愛してきた著名人や政治家、王室が、LAND ROVERファミリーの一員としてスクリーンに登場し祝福コメントを寄せた。

ちなみにこうした70周年の記念事業は今年初旬より既に始動していた。具体的には今年1月に、ランドローバーの歴史の始まりであるモデルとして、1948年のアムステルダム・モーターショーで発表したプリプロダクション・モデル3台のうちの1台をレストアし再生させるプロジェクトを始動させている。

今回のイベントでは、このレストアされ復活を遂げた「LAND ROVER」オリジナル・ローンチ・モデルの披露も行っている。

もちろん最新モデルで今年1月に発表した次世代のランドローバーを象徴する「DEFENDER」にV型8気筒ガソリン・エンジンを搭載したハイパフォーマンス・モデル「DEFENDER Works V8」も展示。この「DEFENDER Works V8」は、70周年を記念した限定モデルで、製造・販売台数150台となっている。同車も先のモデルと同じくランドローバー・クラシックの熟練の専門エンジニアチームの手によって、「LAND ROVER」オリジナル・ローンチ・モデルと同じ施設内で造られたものとなっている。

<正規販売ディーラーネットワーク 一覧>
ランドローバー:
Land Roverウェブサイト:  
YouTube:  
Facebook:  
Twitter:  
Instagram:  

問い合わせ先
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)