ランドローバー、オフロードで自動運転が可能なSUVを開発中


英国産業界の共同プロジェクト「CORTEX」への参画で、あらゆる天候や路面状況に対応する自動運転車両を目指す

ジャガー・ランドローバーは、英国政府および産業界が共同出資し、高度な自動運転車両の実現に向けた世界初の共同プロジェクト「CORTEX」に参画し、泥地、雨、氷上、雪、霧といったあらゆる環境や路面条件においても、オフロード走行が可能な自動運転車両を開発している。

具体的には同プロジェクトの一環として、音、映像、レーダー、光検出と測距(LiDAR)のデータをリアルタイムで収集して融合する「5D」テクノロジーの開発も進めている。

同社によると、これらの一連のデータをベースに、車両の周辺状況をよりよく把握することができ、そして機械学習をするため、自動運転の精度が向上し、あらゆる天候や路面に対応できるようになると云う。

なお自動運転のレベルについては、レベル0の自動運転機能はなく、ドライバーのみが自動車を制御する段階を皮切りに、クルーズコントロールなど、ひとつのシステムでドライバーの運転をサポートするレベル1。

2つのシステムが連携して、ドライバーが支援を受ける(例:渋滞時の速度調整とステアリング操作のアシスト)段階のレベル2。特定環境下において、基本的な運転機能は自動化されるが、車両の自運転が困難になった場合はドライバーによる制御が必要なレベル3 。

都市部や高速道路などの特定環境下において、ドライバーの介入なく車両が独立して車両が自動走行可能なレベル4。さらに完全自動化が実現するレベル5 がある訳だが、今回の取り組みについてジャガー・ランドローバーのコネクテッド&自動運転車両研究マネージャー、クリス・ホームズ氏は「お客様がジャガー・ランドローバーに期待する走破能力やパフォーマンスを備えた自動運転車両を開発するということはとても意義のあることだと思っております。

自動運転は自動車業界が向かうべき必然的な未来です。当社としましては、最も楽しく、高性能で安全な自動運転車両の提供を目指し、可能な限り高いレベルでイノベーションの限界に挑戦していきます。

『CORTEX』に参画したことで、素晴らしいパートナーたちと提携する機会ができました。それぞれの専門性が結集することで、近い将来、このビジョンが実現していくでしょう。

ジャガー・ランドローバーは完全自動運転車両と部分的な自動運転技術の開発を進めており、楽しく安全なドライビング・エクスペリエンスを確保した上で、お客様に様々な自動運転レベルの選択肢を提供します。

このプロジェクトは、オンロードやオフロードなどの路面状況や天候条件など、現実社会で遭遇するあらゆる運転環境に対応できる自動運転車両を提供するという、当社が掲げる展望ビジョンと合致します」と述べている。

この「CORTEX」は英国における自動運転車両の開発および提供を促進するために2018年3月に発表された30か月におよぶ共同プロジェクト。

先進技術や自動車専門知識、そして教育分野を連携させて、高度な自動運転車両の実現を目指している。その投資コストには、英国政府および産業界が共同出資しており、参画企業は、英国のイノベーション推進機関である「Innovate UK」が選定している。

研究内容は、アルゴリズムの開発、センサーの最適化、英国のオフロード走行テスト用トラックでの実地試験を通して技術開発を進めていく予定だ。

同プロジェクトの具体的な参画企業・団体には、自動運転プラットフォームのためのレーダーおよびセンサー技術の研究で世界をリードするバーミンガム大学や、機会学習を専門とするMyrtle AIも参画。2018年の3月に、「CORTEX」は「Innovative UK」の第3回「Connected and Autonomous Vehicle Funding」の一部として発表されている。

<正規販売ディーラーネットワーク 一覧>
ジャガー:  
ランドローバー:

Jaguarウェブサイト:  
Facebook:  
Twitter:  
Instagram:  
YouTube:  

問い合わせ先
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

Land Roverウェブサイト:  
YouTube:  
Facebook:  
Twitter:  
Instagram:  

問い合わせ先
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)