マツダ、国内生産累計5千万台を達成。1931年10月から86年7ヵ月目

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(以下、マツダ)は先の5月15日で国内生産累計台数が5,000万台を達成した。これに伴い防府工場で5月28日、小飼雅道代表取締役社長兼CEOを筆頭に役員、労働組合関係者らが出席する記念セレモニーを実施した。国内生産累計5,000万台達成は、1931年10月に三輪トラックの生産を開始して以来、86年7ヵ月での達成となった。

写真はDA型三輪トラック(1931年発売)マツダの第1号車
写真はDA型三輪トラック(1931年発売)マツダの第1号車

記念セレモニーの席上で小飼社長は、「今から86年前に自動車を造りはじめ、この度国内生産累計5,000万台を達成しました。年間で約100万台を生産しても50年を要する計算となり、いかに長い歴史を積み重ねてきたかを示しています。

今後もマツダは、さまざまな取り組みを通じて、強固なブランドの構築を図っていきます。また、防府と広島の両工場は進化を続け、技術・技能を海外の工場に速やかに展開するマザー工場としての役割を果たしてまいります。

日本のモノづくりが誇る技術力を体現する生産拠点として、これからも皆さんと共に取り組んでまいる所存です」と話した。

ちなみにマツダは1931年に広島で三輪トラックの生産を開始。自動車生産の歴史の1ページを印した。

その後、1960年に軽自動車「マツダ R360クーペ」の生産を開始し、乗用車市場に本格参入。1982年には、山口県防府市の防府工場における車両生産が始まり、以降国内では広島の本社工場と防府工場の2拠点で生産を行っている。

そうした中で培ってきた生産技術と、フレキシブルな生産体制が永らくマツダのビジネス成長を下支えしてきたといえるだろう。

これらの国内工場は、複数の車種を同じラインで生産できる「混流生産」を行っており、これによりマツダのビジネス規模に適した「多品種少量生産」を実現し、商品競争力・多様性と量産効率を両立することを可能にしている。

また2016年から2017年にかけてクロスオーバー系車種の生産フレキシビリティを強化し、近年の需要動向の変化によりスピーディーに対応できる体制を整えた。さらに国内工場で確立した生産技術は海外工場にも順次展開される流れを取っており、今日、グローバル全体でマツダのクルマ造りをリードしている。

なおマツダでは、「中期経営計画「構造改革ステージ2」(2017年3月期~2019年3月期)の最終年である今年度の販売台数目標を166万台とし、2024年3月期はグローバル全体で200万台の生産・販売体制の構築を目指す計画です。

また、次世代技術と次世代デザインを採用した商品の量産を2019年に開始する予定であり、お客様にタイムリーな商品提供ができるよう、今後も生産体制のさらなる拡充を継続して進めます。

これからもマツダは、「地球」、「社会」、「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、高品質なクルマづくりをはじめとする、お客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります」とこの発表を結んでいる。