マツダ、「フレアワゴン」の安全性装備を追加し新車体色を採用


マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、同社の軽自動車『マツダ フレアワゴン』を一部改良し、全国のマツダの販売店を通じて1月12日より発売した。

今回の一部改良では、フレアワゴンの「カスタムスタイル」全車に防眩式ルームミラーを採用。

また、「カスタムスタイルXS」とターボモデルの「カスタムスタイルXT」には、後退時の後方確認をサポートするバックアイカメラ(ナビゲーション/バックアイカメラと連動するモデルのショップオプションを装着することで使用可能)を装備することで、安全性の向上を図った。

「マツダ フレアワゴン」一部改良の概要は以下のとおり

安全装備の拡大
防眩式ルームミラー(カスタムスタイル全車)とバックアイカメラ(カスタムスタイルXS / カスタムスタイルXT)の採用により、安全性を向上させた。

新車体色の採用
新たな車体色として、フェニックスレッドパール(XG / XS)と、シフォンアイボリーメタリック2トーン(XS)を追加した。

ターボモデルのグレード名の変更
従来モデルの2グレード(カスタムスタイルXGターボ / カスタムスタイルXSターボ)を、安全装備を充実させた仕様に集約し、グレード名を「カスタムスタイルXT」とした。

■メーカー希望小売価格(消費税込)は以下の通り
(※写真掲載のモデル)

製品情報: