マツダ、CX-8全機種に7人乗り仕様・本革シートも追加


マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道)は、昨年の12月14日に発売した3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」の最上級機種「XD L Package」に7人乗りの本革シート仕様を追加。全国のマツダの販売店を通じて6月14日から発売した。

「CX-8」は、マツダの国内SUVラインアップにおける最上位モデルで、今回の仕様追加では発表後の累計受注比率で約4割を占める最上級機種「XD L Package」にナッパレザーを使った本革シートを備えた7人乗り仕様を追加する。

これにより、「XD」「XD PROACTIVE」「XD L Package」の全ての機種で7人乗り仕様が揃い、利用ユーザーのライフスタイルにきめ細かく応えられるようになった。

この7人乗り仕様車は、3列目シートを畳んだ状態でも5名乗車が可能なため、普段は3列目スペースを荷室として利用する場合、実用性の高さがメリットとなる。また2列目と3列目シートを畳んだ際に床面がほぼフラットとなるため、アウトドア用の大きな荷物などの積載にも便利なよう配慮した。

「マツダCX-8」のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下の通り。メーカー希望小売価格は従来から変更なし。全機種が自動車重量税・自動車取得税が免税となるほか、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)制度を利用した場合、最大で42,000円が補助金として給付される。

マツダの「クリーンディーゼル補助金」について 
一般社団法人 次世代自動車振興センターWebサイト