マツダの「新型CX-5」累計受注台数が、発売1カ月で16,639台に到達


マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、2月2日に発売したクロスオーバーSUV、新型『マツダ CX-5』の累計受注台数が発売開始後、約1カ月経過した3月5日時点で16,639台に到達したと発表した。なお新型「CX-5」の発表当初の月間販売計画台数は2,400台となっていた。

グレード別の構成比は、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」を充実させたグレードが全体の95%を占めた(最上級グレードの「L Package」が49%、先進ライトである「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」や「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」など先進装備を充実させた「PROACTIVE」が46%)。

下取車のタイプはSUV(46%)に次いでミニバン(20%)が多く、ファミリーユーザーからの選定が目立つ。また下取車のうち初代「CX-5」の下取が39%となっており、初代「CX-5」オーナーからの乗り換えが多い状況となっている。

年代別では30代、40代を中心に20代から60代以上までと幅広く、購入者からは「滑らかでとても走りやすく、もっといろいろな道を走りたいと思わせる」「静粛性が秀逸」「デザインが魅力的で品質の高さも感じられる」「安全装備が充実している」「アクティブ・ドライビング・ディスプレイが見やすく、視線移動が少ないことを実感」(※)などの評価を得ていると云う。

※マツダオフィシャルサイト内「Driver’s Voice<  >」への投稿コメント、およびマツダ主催アンケートから抜粋。