メルセデス・ベンツ日本、PHVの「S 550 e long」仕様を一部刷新

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

プラグインハイブリッドモデルを象徴するブルーアクセントデザインを採用したエクステリアに

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都港区、社長:上野金太郎)は、メルセデス・ベンツ「Sクラス」の「S 550 e long」の装備内容を一部変更し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ5月17日より発売した。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-7

Sクラスは、永らく世界の自動車の指標とされてきたメルセデスのフラッグシップモデルであり、安全性と快適性、効率性など自動車に求められるあらゆる要素を高次元で究めた「新時代のプレステージカー」である。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-2

「S 550 e long」は、3.0リッターV6 BlueDIRECTツインターボエンジンと、高出力の電気モーターを組み合わせてV8エンジンレベルのパワーを実現するとともに、ミリ波レーダーによる「部分自動運転」技術をゼロエミッションに活用して環境性能を高めた。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-1mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-5

今回の一部変更では、ヘッドライトレンズ左右を「ブルーリング」で縁どり、さらにフロントブレーキキャリパーにブルーペイントを施すことで、プラグインハイブリッドモデルであることの主張を強めた。また、フロントフェンダーの左右には「PLUG-IN HYBRID」ブルーサイドエンブレムを装着している。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-8

 

なおS 550 e long にも、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンス保証と24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-3

リチウムイオンバッテリーをはじめとするすべての部品に4年間の特別保証を適用し、合計7年間の保証となる。

メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通り
モデルS 550 e long
ステアリング右
エンジン3.0L、V6直噴ツインターボ+ハイブリッド
メーカー希望小売価格(  )内は消費税抜き車両本体価格
¥16,380,000(¥15,166,667)

S 550 e longの製品特長
「S 550 e long」は、安全性と快適性を高次元で融合し、『知能を備えた』ともいうべき新時代の革新的テクノロジー「インテリジェントドライブ」を備えている。

「インテリジェントドライブ」の土台となっているのが、クルマの周囲360°をカバーする複合的なセンサーシステムである。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-9

フロントウインドウ内側のステレオマルチパーパスカメラは、最大500mの範囲で大まかな様子をモニターするほか、2つのカメラで車両前方約50mの範囲を立体的に捉えます。ミリ波レーダーセンサーは、フロントおよびリアバンパー側面に内蔵された25GHzの短距離レーダー4個、ラジエーターグリル奥の77GHzの中・長距離レーダー1個、リアバンパー中央の25GHzマルチモードレーダー1個の合計6個から構成されている。

これらのセンサーから得られたデータを高度なアルゴリズムで解析することにより、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し、状況を判断して、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする「部分自動運転」を実現した。

この「部分自動運転」技術は、車間距離を自動で調整し先行車両に追従するディストロニック・プラスや、車両後方の死角をモニターし、側面衝突の危険を回避するアクティブブラインドスポットアシストを用いている。

mercedes-benz-japan-revamped-some-of-the-s-550-e-long-specification-of-phv20160517-10

これは予防安全だけではなく、クルマの周囲の状況に合わせて回生の強さや作動時間を調整することで、ゼロエミッション走行の距離を伸ばす「インテリジェントプラグインハイブリッド」としている。

またプレッシャポイント機能では、EV走行モードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点で、アクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑える機能も備える。

最後にダブルパルス機能は、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させ、不要なアクセルワークを防ぐ機能として搭載した。