三菱自動車工業、タイで販売・サービスのトレーニングセンターを開設

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は6月5日、タイ王国における生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)が、現地販売会社スタッフ、MMTh社員のトレーニングを目的とした施設Education Academy(EA)を開設し、現地で記念式典を開催したことを発表した。

記念式典には、地元政府並びに販売会社の関係者、三菱自動車の益子修CEO他が出席した。

益子修CEOは、「Education Academyの開設は、三菱自動車がタイにコミットしていることの表れです」と述べた上で「お客様に新しい価値をご提供すべく、販売会社スタッフ、及び社員が高いサービスを実現するための知識や技能を身につけるための重要な施設です」と話した。

タイ・パトゥムタニ県に新設した約8,700平方メートルを有するトレーニングセンターでは、関係する販売会社の営業スタッフ、サービススタッフ、MMThの社員等が、常時100~150人体制で最高水準の顧客サービスを実現するための教育を受ける見込み。

三菱自動車では「製品のみならず、お客様に提供するサービスの品質を向上させることで、タイの自動車市場の発展に貢献して参ります」と結んでいる。