三菱自動車、東京オートサロンに新エクリプスクロスのカスタムカーを参考出品


三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修 以下、三菱自動車)は、2018年1月12日(金)から14日(日)まで幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典東京オートサロン2018に、新ブランド・メッセージ “Drive your Ambition” をテーマとして出展する。

具体的には、来春に国内発売を予定している新型クーペSUV『エクリプス クロス』の、クーペとしてのスタイリッシュさを高めた「PREMIUM SPORTS Concept」、SUVとしてのダイナミックさを引き出した「FIELD ATHLETE Concept」の2台のカスタムモデルに、東京モーターショー出品車を加えた3台を参考出品。

カスタマイズによって車両の魅力を高めるだけでなく、車両ユーザーの「行動範囲を広げたい、様々なことに挑戦したい」という想いに応える提案を目指していると云う。

また、『エクリプス クロス』の他、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV PREMIUM SPORTS Concept』を1台、ミニバン『デリカD:5 ACTIVE GEAR』を1台の合計5台も出品していく構えだ。

1.『エクリプス クロス PREMIUM SPORTS Concept』概要
フロントバンパー及びサイドドアガーニッシュをボディ同色とし、ボディ下部をモノトーンに統一することで、より上質でスポーティなハイスピードツアラーをイメージした。

またフロントアッパーグリルをダークメッキ化することで、パフォーマンスを象徴する中央のブラックフェイスのテイストと合わせ、よりスタイリッシュな表情としている。

足回りには、冒険の名を冠するRAYS製アルミホイールSTRATAGIA Avventura(20×8.5J)、高速安定性の高いYOKOHAMA製タイヤADVAN Sport V105(245/40ZR20)を装着し、スポーティさをより際立たせている。

2.『エクリプス クロスFIELD ATHLETE Concept』概要
大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージし、ボディカラーは強い輝きと高品質感を表現したブロンズメタリックを採用した。

エクステリアではエンジンフードプロテクターや、力強く迫力あるデザインのRAYS製アルミホイールFDX-F7(18×7.5J)及びYOKOHAMA製タイヤGEOLANDER A/T G015(225/55R18)を装着し、走破性が高くタフなSUVのイメージを際立たせている。

3.『アウトランダーPHEV PREMIUM SPORTS Concept』概要
カーボン柄を部分的にあしらったフロント、サイド及びリヤエアダムを装着し、スポーティでシャープなエクステリアデザインとした。

足回りには精緻な立体形状デザインのRAYS製のアルミホイールVERSUS STRATAGIA VOUGE(20×8.5J)及びYOKOHAMA製タイヤADVAN Sport V105(245/40ZR20)を装着することでスポーティさに高級感のある輝きを加え、都会に映えるスタイリングとした。

4.『デリカ D:5 ACTIVE GEAR』概要
「ACTIVE GEAR」の世界観と本物感をさらに引き立てるオフローダー用品を装着している。

フロントバンパープロテクターとサイドアンダーガードバーを装着し、タフさを際立たせた。

また、ヘビーデューティキャリアとリヤラダーを装着して積載量を確保し、様々なレジャーシーンに応える仕様としている。足回りにはYOKOHAMA製タイヤGEOLANDER A/T-S(225/55R18)を採用した。

出品車一覧
– エクリプス クロスPREMIUM SPORTS Concept:1台/オンロードカスタム
– エクリプス クロスFIELD ATHLETE Concept:1台/オフロードカスタム
– エクリプス クロス:1台/東京モーターショー出品車
– アウトランダーPHEV PREMIUM SPORTS Concept:1台/オンロードカスタム
– デリカD:5 ACTIVE GEAR:1台
合計5台

エクリプス クロス車種サイト:
 

アウトランダーPHEV車種サイト:
 

デリカD:5車種サイト: