新型Audi A8、新作スパイダーマン映画初披露のサプライズゲストで登場


「スパイダーマン:ホームカミング」のワールドプレミアで、カモフラージュが施されたAudi A8が招待される

米LA現地時間の6月29日の夜、当地で開催された「スパイダーマン:ホームカミング」のワールドプレミアに、新型Audi A8がハリウッドスターと共にレッドカーペット上に登場した。

ピーター パーカー/スパイダーマン役を務めるトム ホランドは、TCLチャイニーズシアターのレッドカーペットにリムジンから降り立ち、その一方で、ロバート ダウニーJr.とジョン ファヴローは、Audi R8 Spyderのリヤシートに乗って観衆に迎えられた。

一般的に公式に未発表であるプロタイプ車の場合、読者にはお馴染みの「白と黒の渦を巻いたカモフラージュ柄」の接着フィルムで覆い隠す。

しかし今回、アウディのデザイン部門は、 新作映画のワールドプレミアにあたって、スパイダーマン仕様のカモフラージュフィルムを開発して、レッドカーペット上にAudi A8を送りだした。

この新作映画を見る観客は、正式発表されていないAudi A8のフロントグリルやサイドデザインを垣間見ることができる。

さらにハッピー ホーガンが、ピーター パーカーを乗せて走るシーンでは、アウディAIトラフィックジャムパイロットの機能を確認することができる趣向となっている。

このシーンでは、ホーガンがハンドルから手を離すが、アウディAIトラフィックジャムパイロットを作動させたAudi A8は、その後の運転操作を引き受けて、自動的に走行を続ける。

なお過日に記事掲載した通りで、アウディは2017年7月11日(火)にスペインのバルセロナで開催されるAudi Summit< >で、新型Audi A8を正式に発表する手筈となっている。