日産とニスモとオーテック、「東京オートサロン2016」への共同出展概要発表


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)と、同社の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ケ崎市、社長:宮谷 正一)、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(略称:ニスモ、本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:宮谷 正一)は、カスタマイズショーである「東京オートサロン2016」(2016/1/15(金)~1/17(日)、幕張メッセ)に参加すると発表した。

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-1

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-2

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-3

今回の東京オートサロンには、「マーチ」「ノート」「ジューク」の 「+Lolita Lempicka(ロリータレンピカ)Concept」や、「エクストレイル」「セレナ」の「NISMOパフォーマンスパッケージ」など、日産の新しいカスタマイズの世界を提案するモデルが出展される見込みだ。

super-gt-motegi-race-second-place-prize-of-motul-autech-gt-r-series-straight-victory20151117-4

さらに、2015年SUPER GT GT500クラスで2年連続チャンピオンとなった「MOTUL AUTECH GT-R」の出展、及び各種トークショー等のイベントも予定している。

出展車両は以下の通り
●MARCH + Lolita Lempicka Concept
●NOTE + Lolita Lempicka Concept
●JUKE + Lolita Lempicka Concept
フランスで長年に渡って好評を得てきた「マイクラ(日本名:マーチ)」のコラボレーショングレード 「マイクラLolita Lempicka」のディテールや素材を、「マーチ」「ノート」「ジューク」に取り込んだカスタマイズカー。

エクステリアにはブラックレザー調ルーフラッピングを、インテリアには、ボタン引きのブラックレザーシートを採用した。

東京オートサロン2016では3台の「+ Lolita Lempicka Concept」シリーズが、新しいカスタマイズの世界観を提案する。(参考出品)※ Lolita Lempicka : 1984年に設立されたフランスのファッションブランド。

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-4●LEAF aero style
100%電気自動車の「日産リーフ」の内外装をスタイリッシュにドレスアップ。更に専用VCMで走りの爽快感もアップした。
NISMO製スポーツサスペンションなどを組み合わせることで、よりスポーティなEVとしての存在感を訴求する。(参考出品)

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-5●X-TRAIL Mode Premier
タフギアのDNAを活かしながら、洗練されたエクステリアデザインと上質なインテリアを与えた“アーバンアドベンチャー”。
クローム部のブラックアウトやインチアップホイールなどにより、さらなるカスタマイズの可能性を提案する。(参考出品)

●SYLPHY S Touring
シルフィの美しいボディラインと、スタイリッシュなエアロパーツの融合によって生み出されたスポーティで品格のあるスタイル。
ブラックのインテリアと専用シートなどを盛り込み、大人のスポーティテイストを演出した。(参考出品)

●DAYZ Bolero
デイズシリーズのエレガントスタイルボレロ。レザー調シート装着。(参考出品)

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-15●DAYZ Rider
迫力と存在感を訴求したデイズライダーのバージョンアップバージョン。インチアップとローダウンにより、更なるカスタマイズの可能性を提案する。(参考出品)

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-16●ELGRAND Rider HIGH PERFOMANCE SPEC Black Line
存在感を持つエクステリアと上質感あふれるインテリアに加え、エンジンや足回り・ボディへのトータルチューンを施した。クローム部のブラックアウトなどにより、更なるカスタマイズの可能性を提案する。(参考出品)

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-7 nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-10●SERENA NISMO Performance Package
●X-TRAIL NISMO Performance Package
「NISMOパフォーマンスパッケージ」の高い空力性能と迫力あるスタイリングを両立させたスポーツパッケージ。(参考出品)

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-12●NISSAN GT-R NISMO NISMO N Attack Package
ワークス直系のスーパースポーツカー「NISSAN GT-RNISMO」。日産のモータースポーツを担うNISMOの約30年におよぶレーシングテクノロジーをフィードバックし、レーシングカー譲りのパフォーマンスを実現したNISMOシリーズのフラッグシップモデル。ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースにおいて、量産車世界最速となる7分8秒679というラップタイムを記録した、N Attack Package A-Kitを装着した車両。

nissan-and-nismo-and-autech-joint-exhibition-summary-announcement-to-the-tokyo-auto-salon-201620151219-13●NOTE NISMO S NISMO SPORTS PARTS装着車
「ノートNISMO」は、NISMOシリーズ第5弾のモデル。「ノートNISMO S」をベースに、サーキットでのスポーツ走行を愉しめるよう、駆動系パーツ、サスペンションパーツ、ブレーキパーツ等を装備したスポーツドライビング仕様とした。

●MOTUL AUTECH GT-R
2015年SUPER GT GT500クラスでシリーズチャンピオンを獲得し、2連覇を果たした車両。2015年仕様車は、2014年仕様をベースに、エンジンでは直噴ターボの燃焼効率を上げて出力向上を図ると同時に信頼性も高め、空力パーツもリファインしてダウンフォースを増やした。

更にシャシーの軽量化と、運動性能の向上を図っている。ドライバーは2014年のチャンピオンコンビである松田次生とロニー・クインタレッリで、第2戦の富士に続き、第7戦のオートポリスでも優勝を飾った。

【展示パーツ】
●VR38DETT NISMOエンジンチューニングメニューコンセプト
NISMOのモータースポーツ活動で培ってきたチューニング技術を基に、NISSAN GT-Rのストリートでの扱いやすさを目指したVR38DETT NISMOエンジンチューニングメニューコンセプト。

GT3レースカーで実績のあるターボチャージャー、カムシャフト、コンロッド、インタークーラーを採用し、高出力を発生させるとともに、エンジントルク特性を変更することで、日常での扱いやすさを狙ったエンジン。(参考出品)

【NISSAN / NISMO collection】
日産ブース内にグッズ販売のコーナーを設置し、「NISSAN」ブランド、「NISSAN GT-R」等の車種ブランド、「NISMO」ブランドのウェアや東京オートサロン限定のグッズ、ミニカー等の販売を行う。

【ソーシャルメディアの活用】
日産は、「ツイッター*1」や動画中継サービス「ニコニコ生放送」*2、「USTREAM(ユーストリーム*3)」等のソーシャルメディアを活用した情報発信を行う。

具体的には、ブースの様子やトークショーを生中継するほか、ファンとの双方向コミュニケーションを通してブースの臨場感を共有する予定。

詳細は、日産カスタマイズWEBサイトと日産自動車モータースポーツ関連ツイッターアカウントで順次告知を行う。

<日産カスタマイズWEBサイト URL>
*1:日産公式ツイッター:
*2:ニコニコ生放送日産チャンネル:
*3:日産公式USTREAM: