日産自動車、マーチに新グレード「パーソナライゼーション」を追加


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は7月5日、「マーチ」に新グレード「パーソナライゼーション」を追加し、全国一斉に発売した。

今年10月に誕生35周年となる「マーチ」は、1982年に初代モデルを発売して以来4代目を迎えているが、今回は新たに「パーソナライゼーション」グレードを追加した。

車両の仕様は「X Vセレクション」、「G」をベースに、ホワイトカラーの「電動格納式リモコンドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)*1」、「アウトサイドドアハンドル(フロントドア、リヤドア)*1」、「フルホイールカバー*2」などを装備した。

また、併せて「マーチ」のボディカラーのバリエーションを拡充。シックでプレミアムな「チタニウムカーキ(PM)*3」とノーブルで上品な「ダークブルー(P)*3」の新色2色を追加すると共に、かつて人気を博した鮮やかな「サンライトオレンジ(M)*3」、「スプリンググリーン(PM)*3」を復刻、追加し、全11色*4として顧客の選択肢の幅を広げた。

*1: 電動格納式リモコンドアミラー、アウトサイドドアハンドルは、「ブリリアントホワイトパール」。
*2: フルホイールカバーは、「ホワイトパール」。
*3: (P)はパール、(M)はメタリック、(PM)はパールメタリックの略。
*4: 選べるカラーは、グレードごとに異なる。

「マーチ」製品情報: