日産自動車、「人とくるまのテクノロジー展 2017」へ出展


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は5月22日、公益社団法人自動車技術会主催の「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2017」( 5月24日(水)~26日(金)、パシフィコ横浜・展示ホールにて開催)への出展概要を発表した。

日産は今出展に於いて、安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的にした「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みを紹介していく。

日産は、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を推進することで、地球温暖化やエネルギー問題、交通事故や渋滞など、クルマが関与する社会課題を解決することを目指している。

同社によると「ニッサン インテリジェント モビリティは、クルマの知能化により、より安全で意のままのドライビングを可能にし、電動化によりクリーンで効率のよいパワートレインを実現することで、ドライビングをよりワクワクするものに進化させていきます。そしてさらにクルマが広く社会とコネクトすることで、新たなモビリティ体験を提供していきます」と述べている。

これを踏まえ日産ブースでは、「電動化」の取り組みとして、「ノート」に搭載している100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「e-POWER」など最新技術をスマートフォンやパネル、部品展示で紹介。

「知能化」の取り組みとしては、セレナに搭載の自動運転技術「ProPILOT」等の先進安全技術を紹介。

加えて360度Virtual Reality映像を通して、あたかも自分が運転しているような感覚で、先進安全技術の体感を提供していく。

また自動車技術会主催の特別企画展示会場では、時代の転換期を革新技術により乗り越えてきた歩みの紹介として、昭和53年排出ガス規制に対応したZ型エンジン搭載の「ブルーバード1800 SSS」や、当時、日本では唯一の4バルブDOHC機構を採用したエンジン搭載の「スカイライン2000ターボRS」を展示。

特別講演では、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインへの想いを開発責任者が紹介し、さらに試乗コーナーでは「ノートe-POWER」、「セレナ」の公道試乗を実施していく。

同社の出展と本展示会の概要は以下の通り。

<出展概要>
1. 日産ブースの主な出展内容
1)新しい電動パワートレイン「e-POWER」搭載の「ノート」
2)革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術「ProPILOT」搭載の「セレナ」
自分が運転しているような感覚で、先進安全技術を体感できる360度Virtual Reality映像のデモンストレーション(初公開)

2. 自動車技術会企画:特別企画展示、試乗会の出展内容
1)特別企画展示
ニッサン スカイライン 2000ターボRS(R30)
ダットサン ブルーバード 1800 SSS(910)
FJ型エンジン(R30型 スカイラインRSに搭載)
Z型エンジン(910型 ブルーバードなどに搭載)
電動パワートレイン(日産リーフに搭載)
セミトレーリング式リアサスペンション
(510型 ブルーバードやC10型 スカイラインなどに搭載)
フットセレクタ―(R30型スカイラインに搭載)

2)試乗会
「ノートe POWER」の体験試乗
「セレナ」の体験試乗

3)講演会
日 時: 5月26日(金)15:30~16:30
会 場: 2F アネックスホール (F201・F202)
テーマ: 『日産ノート e-POWERの開発』
講演者: 仲田直樹(パワートレイン技術開発本部 パワートレイン主管)

<自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017 開催概要>
開催期間 :2017年5月24日(水)~26日(金)
会場 :横浜国際会議場(パシフィコ横浜)展示ホール
主催 :公益社団法人自動車技術会
入場料 :無料
人とくるまのテクノロジー展サイト: