日産自動車、北京モーターショー2018で新型EVを世界初披露

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は4月9日、2018年の北京モーターショーショーに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する商品と先進技術を出展し、競争の激しい中国市場で成長し続ける自社の強みと演出していく。

なお出展車両は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現した100%電気自動車のクロスオーバーコンセプト「ニッサン IMx KURO」と、新型「日産リーフ」に加え、世界初公開となる新型電気自動車を出展する予定だ。

今回出展する新型電気自動車は、同国の政治的背景により市場要求の高まるEV需要に応え、かつ同社の新中期計画「日産M.O.V.E to 2022」と、同社の中国における合弁会社である東風汽車有限公司(DFL)の新中期計画「DFL TRIPLE ONE PLAN」の目標達成に貢献する施策を打ち出していく。

さらに「ニッサン インテリジェント モビリティ」の重要な柱のひとつである、日産が独自開発したe-POWER技術も同ショーに出展していく予定だと云う。

また中国初公開となる「ニッサンIMx KURO」は、より安全、便利で、ワクワクするドライビングを提供することを介して、日産の身近で頼りになる技術的背景を訴求するモデルとして訴えていく構え。

この「ニッサンIMx KURO」は、日産が独自開発した「Brain to Vehicle(B2V)」技術を搭載。このB2Vはドライバーの脳波を測定、解析することで、マニュアル運転時にも、また自動運転時にでもドライバーの思い通りの運転を実現することをサポートし、ドライビングプレジャーを高めるものとして先のCESに於いて発表されたものに準じている。

併せて日産は、新中期計画「Nissan M.O.V.E to 2022」でLCV事業の新型車第一号となるフレームSUV「テラ」を出展する。この実用的かつ頑丈な、日産LCVの『どこにでも行ける(Go Anywhere)』を体現した本格的なフレームSUVは、まもなく中国で発売となり、今までにないドライビング体験を求める中国の顧客に応えてく装備と性能が盛り込まれている。