日通ロジスティクスタイランド、「GMS越境交通許可証」を取得

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本通運株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤充)傘下の日通ロジスティクスタイランド株式会社(社長:田沢一裕)は6月1日を発効日として、タイ王国運輸省陸上輸送局からGMS関係国(タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、中国)間の越境交通許可証(GMS Road Transport Permit 以下、GMS越境交通許可証)を取得した。

このGMS越境交通許可証は、GMS参加国が2016年12月に採択した「越境交通協定(CBTA)」のアーリーハーベスト措置の導入により、今般タイで500台の許可証が発行されたもの。

ちなみにGMS(大メコン圏)は、Greater Mekong Sub-regionの略称で、タイ・カンボジア・ラオス・ベトナム・ミャンマーの5カ国と中国雲南省および広西チワン族自治区にまたがるメコン川流域の総称を指す。

500台の枠には旅客車両の25台が含まれており、物流業界としては475台の貨物車両が発給を受け、同社は日系企業では最多となる12台分の許可証を取得した。

同社グループでは、2~3カ国間の越境交通許可証を所有し、同地域のクロスボーダー輸送サービスを展開しているが、従来の許可証はいずれも通行国があらかじめ定められていた。

しかし今回取得した許可証は、段階的に通行国の制限が無くなり、最終的にはGMS関係国いずれの国でも自由に相互通行できるようになるのだと云う(開始当初は通行国に制限あり)。

また今回取得した許可証により、一部の国境で必要であった貨物の積み替えが不要となり、積み替えによる荷物へのダメージを低減し安心で高品質なサービスのご提供や積み替え作業がなくなることで輸送時間の短縮が可能となるとしている。