オリックス自動車、訪日外国人観光客へ「和装レンタカー」の提供を開始


関西空港店に配備。車内で使えるおもてなしアイテムを実装

オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信)は5月26日より、関西国際空港最寄りのレンタカー拠点で訪日外国人観光客向けの企画商品として「和装レンタカー」の提供を開始する。

この「和装レンタカー」は、訪日外国人に人気の「舞妓さんの華やかな着物や帯」や「日本の風物詩である美しい桜」をイメージした華やかなデザインラッピングを外観に、車内には日本文化の象徴「畳模様」のシートアレンジを施したオリジナル車両となっている。

また、日本の「おもてなし」の心を伝えるため、車中で靴を脱いで寛げるスリッパ(3足)や、ドリンクボトルケース(3個)、ブランケット(1枚)をセットにした『OMOTENASHI SET』をレンタカー利用客に提供する。

車両は、訪日外国人客利用が増加している関西国際空港の「オリックスレンタカー関西空港店」に10台を配備した。今日、外国人観光客の訪日リピート率は年々高まっており、それに伴いレンタカーニーズも増加している。

実際、台湾や香港からのGoogle検索に於いて、「日本 租車(=レンタカー)」や「日本 自駕(=自分で運転旅行)」のキーワード検索がここ数年で急増(※)。

これを踏まえオリックス自動車は、顧客ニーズの高まりに応えた形。同社では、「今後もお客さまの多種多様なニーズにお応えする企画をご提供してまいります」と述べている。

※ アウンコンサルティング調べ。各国Google検索について2013年から2017年の4年間で、台湾では「日本 租車(日本 レンタカー)」が約6倍、「日本 自駕(日本 自分で運転旅行)」が 14倍、香港では、それぞれ約9倍、約4倍に伸長している。

訪日外国人客向けの専用サイト:
・英語サイト: 
・韓国語サイト: 
・繁体字サイト: