パイオニア、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市CES2016に出展


bosch-has-established-a-new-company-of-smart-home-announced-the-first-smart-home-products-at-ces2016-20151208-4

パイオニア株式会社の連結子会社であるPioneer Electronics (USA) Inc.は、2016年1月6日(水)~9日(土)に米国ネバダ州・ラスベガス市で開催される、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「2016 International CES」に出展する。

パイオニアは、車両空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指している。

パイオニアブースでは、市販・OEM両カテゴリーにおけるカーエレクトロニクス事業の概要を紹介するとともに、自動運転社会に向けて当社が開発を進めているさまざまな先進技術や、「クルマのコネクテッド化」を実現する最新のカーエレクトロニクス製品を展示していく。

【2016 International CES概要】
開催期間:2016年1月6日(水)~9日(土)
公式サイト:
パイオニアブース:ラスベガスコンベンションセンター 北ホール1102番ブース
出展者:Pioneer Electronics (USA) Inc.

【主な出展内容】
(1)「3D-LiDAR」など開発中の自動運転関連技術(参考出品)自動運転を実現するためのキーデバイスと言われている走行空間センサー「3D-LiDAR」や、「高精度な自車位置推定」、「高度化地図の効率的な整備・運用システム(データエコシステム)」など、当社が開発・構築中の先進的な自動運転関連技術を展示する。

(2)新型コックピット“In-Vehicle Context Awareness”(参考出品)
ドライブ中に変化する状況を先読み技術により理解(推定)し、ドライバーにとって必要な情報を最適なタイミングで提供する先進的なコネクテッドカーライフを、シミュレーターで模擬運転しながら体験できる。

(3)透過型ハイマウントストップランプ(有機EL照明:参考出品)
有機EL照明の特性を活かし、一方向への発光と消灯時の透過性を実現することで、点灯時には後方のみへ発光しながら運転席からの後方視界も確保する透過型ハイマウントストップランプを参考出品する。

(4)スマートフォンとの連携を強化したNEXシリーズなど最新のカーエレクトロニクス製品
北米で展開している、スマートフォンとの連携を強化したヘッドユニット「NEX(Networked Entertainment eXperience)」シリーズの新たなラインアップなど、最新のカーエレクトロニクス製品を展示します。ブース内のデモカーで、クラウド上のさまざまなサービスや各種機能、迫力のある音を体験できる。

(5)ぺダリングモニターシステム
アスリートに向けたサイクルコンピューターや関連トレーニングツールなどを展示する。