SBドライブ、自動運転バス調査委員会の実証実験で仏製車両を日本初提供へ


自社所有の自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」(仏Navya製)で実証実験に参画

SBドライブ株式会社(本社:東京都港区、社長:佐治 友基、以下「SBドライブ」)は、自動運転バス調査委員会実施の実証実験で、自社保有の自動運転シャトルバスを走らせる。

これは自動運転バスの実用化に向けて受容性や安全性などを調査する「自動運転バス調査委員会」(会長:須田 義大=東京大学教授、東京大学生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター長)に参画。

同委員会が、2017年7月17日から23日までプリンス芝公園(東京都港区)で実施する実証実験に、SBドライブが所有する自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」(仏Navya製)を提供するもの。

国内で実施される自動運転の実証実験で、フランス製の「NAVYA ARMA」が実験車両として使用されるのは、今回が初めてのこととなる。

「NAVYA ARMA」について
車名 :NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)
メーカー :Navya SAS
乗車定員 :15名(座席数11)
動力 :電動機(定格出力15kw×1基)
設計上の最高速度 :45km/h
設計上の走行時間 :最長13時間
車両寸法 :全長4.75m × 全幅2.11m × 全高2.65m
車両重量 :2,400kg
車両総重量 :3,450kg

自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」は、フランスのNavyaが設計・開発した自動運転専用の電気自動車である。

GPSなどで自車位置を測位し、LiDAR(レーザーレーダー)やカメラなどで障害物を検知して、あらかじめ設定したルートを自律走行することができる。

2016年からスイス・シオンの公共交通機関として導入されているほか、アメリカやオーストラリア、ニュージーランドなどで試験走行が実施されている。
「NAVYA ARMA」車両詳細はNavyaのウェブサイトを参照されたい: 

自動運転バス調査委員会 委員構成(順不同)
東京大学生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター、公益社団法人日本バス協会、東北アクセス株式会社、第一交通産業株式会社、株式会社みちのりホールディングス、ジェイアールバス関東株式会社、京阪バス株式会社、一般社団法人安全運転推進協会、株式会社教習所サポート、SBドライブ株式会社