SUBARU、新型「フォレスター」をNYモーターショーで世界初披露

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、小型SUV人気が高い米国内の自動車マーケットをターゲットにNYモーターショーの会場に於いて新型「フォレスター」を世界初披露した。

今回、第5世代となった新型「フォレスター」は、同社の車両ラインナップ上でも最量販車種になるグローバル戦略車にあたる。

車両には自社初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム(米国仕様システム名称「DriverFocus」)」を搭載。SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、自らでクラストップレベルだと謳う衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現している。

また運転支援システム「アイサイト」、新開発2.5L 水平対向4気筒直噴エンジンを核とするシンメトリカルAWDや、SUVらしい走破性を高めるX-MODEといったスバル定番のパッケージとなっている。なお米国に於いて新型「フォレスター」は、2018年秋に販売を開始する予定としている。

車両の特徴は、ホイールベースを拡大し快適な室内空間としながら、最小回転半径を5.4 m(17.7ft)として取り回し易さを確保したこと。 リヤドア開度、開口エリア及びCピラーの形状を最適化することで、後席への乗降性を向上させたこと。

ミッドサイズSUVを超える最大1300mm(51.2in)の荷室開口幅とスクエアな形状のカーゴスペースとすることで、積載性を大幅に向上させたこと。加えてカーゴスペースに影響しない駆動ユニット一体の新型パワーリヤゲートを採用し開閉スピードを向上されると共にリヤゲートの自動閉操作から車両の施錠までを連続して行うことができる新しいロックシステムを初採用した。

なお「ドライバーモニタリングシステム」とは、ドライバーの居眠りやわき見運転を検知する機能に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整する乗員認識技術である。

ナビゲーションモニターは8インチ化され、最新のインフォテインメントシステムを採用。「Apple CarPlay」や「Android AutoTM」の利用を可能としてコネクティビティを強化。

インテリアでは、インストゥルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現。インテリアカラーは、クラスを超えた上質さを表現したブラウンをはじめ4 色を設定。一部仕様では、ブラックとグレーをベースに、センターコンソールやシートステッチにアクセントカラーを配することでアクティブさを強調した。

乗り込むとアイポイントの高さから見晴らしがよく、ピラー形状の最適化によって死角を減らすなどで視界の確保に腐心している。足回りは意図した通りにクルマをコントロールできる、アクティブトルクベクタリングを採用した。

新型「フォレスター」(米国仕様)の主な仕様は以下の通り

ボディサイズ
全長×全幅×全高: 4625 × 1815 × 1730 mm
ホイールベース: 2670 mm
最低地上高 :220 mm

エンジン
FA25型 2.5L水平対向4気筒
DOHC 16バルブAVCS直噴
排気量 2498cc、ボア・ストローク:94 × 90mm
出力 :182hp / 5800rpm
トルク :176lb-ft / 4400rpm

燃料タンク容量 :63L(16.6gal)
燃料種類 :87AKI
トランスミッション :リニアトロニック
駆動方式 :シンメトリカルAWD
タイヤサイズ :225/60 R17、225/55 R18
乗車定員 :5名
ルーフレールを除いた全高: 1,715mm
リニアトロニック: フル電子制御自動無段変速(CVT)