スバル、東海エリア2会場で雪上走行体験イベント「SUBARUゲレンデタクシー2017」を開催

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、2017年1月~2月に東海エリアなどのスキー場2会場で、雪上走行体験イベント「SUBARU ゲレンデタクシー2017」を開催する。

この「SUBARUゲレンデタクシー2017」は、通常は車で走ることのできないスキー場ゲレンデ内で、スキーヤーがリフトの代わりにスバルのSUVシリーズに乗車し、雪上での走行性能を体験するイベント。

2014年から開催し、4回目の実施となる今回は、初めて東海エリアで開催することになった。

なお「ゲレンデタクシー」は、開催スキー場イベントブースにあるタクシー車両の前で記念写真を撮影し、SNSに「#ゲレンデタクシー」というハッシュタグと共に投稿することで、誰でも乗車できる。

開催日程・会場:
– 2017年1月28日(土)~29日(日):岐阜県・高鷲スノーパーク< http://www.takasu.gr.jp/ >
– 2017年2月 4日(土)~ 5日(日):長野県・エコーバレースキー場< http://www.echovalley.co.jp/ >

詳細は下記イベントサイトを確認されたい。
<スバルオフィシャルWEBサイト(ゲレンデタクシー2017)>
http://www.subaru.jp/event/2017/gelandetaxi/ 

<「SUBARU ゲレンデタクシー 2017」告知ムービー>
https://www..com/watch?v=IYkAFx4PKfA 

<「SUBARU ゲレンデタクシー」事務局チャンネル>
https://www..com/channel/UCQSf6esH1gcg7ew6b6qTkVQ