帝人、2018年6月17日を以って創立100周年


次の100年に向け「FUTURE NAVIGATION」を宣言。未来の人間の豊かさを見据えた9つのプロジェクトを始動

帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)は、2018年6月17日を以って創立100周年を迎えた。同社は、この節目を契機に自社の100年の歴史を振り返ると共に、次の100年に向けて帝人グループの長期ビジョンを発信する。

その新ビジョンは、未来の社会を支えるグローバルメッセージとしての「FUTURE NAVIGATION」。そして、このメッセージを具現化する象徴的な取り組みとして「THINK HUMAN PROJECT」を形に変えて展開するのだと云う。

振り返れば帝人は、1918年に日本初のレーヨンメーカーとして創業。以降、最先端の化学技術に関する研究開発。新たなイノベーションを通じての事業拡大や、新規事業分野への進出を繰り返しながら今日まで成長してきた。

そんな同社は現在、高機能素材を展開する「マテリアル事業」、医薬品、在宅医療などの「ヘルスケア事業」で次なる成長を図ると共に、新たな付加価値を提供できる分野へと次なる拡大を目指している。

そこで同社は創立100周年を迎えたこの日に、未来の人の豊かさ(Quality of Life)を見据え、「人があるべき未来へ」と導く企業として存在し続けることを目指し「FUTURE NAVIGATION」を発信していく。

このFUTURE NAVIGATIONについて同社は、「これまでの100年がそうであったように、これからも化学は、さらに発達していきます。しかし、技術の進化に人が飲み込まれてはいけない。“化学はもっと人の話をするべきだ”と考えます。

もしも、これからの帝人の活動が、物質や素材だけの化学に留まらず、もっと深く人を知り、人に希望を持ち、未来の人の本当の豊かさを踏まえ進歩を遂げていくことができれば、未来に向けて帝人は、人があるべき明日へと誘う案内役になれるのではないか?

『FUTURE NAVIGATION』は、帝人の長期ビジョンをベースとして、人の問題を解決し続けてきた私たちだからこそできる、まだ見ぬ未来への案内人を目指す帝人の次の100年に向けたメッセージです。

人々をあるべき未来へと導くために、物質や製品だけに留まらず、サービスや仕組み、人と人とのつながりにまで化学変化をもたらし、「人を中心に化学を考える企業」として、未来の人々のQuality of Life向上を提案できる組織になること。帝人が今までにない新しい価値を、未来に於いても創出し続けていくことを宣言するものです」と述べている。

また、この『THINK HUMAN PROJECT』と『FUTURE NAVIGATION』のもと、同社は、これまでの化学の領域を越えた9つの実験的なプロジェクトを機に立ち上げるとしている。

9つのテーマを支えるプロジェクトメンバーは、国内外から選出された帝人グループの社員達が中心となり、まだ見ぬ未来の人のQuality of Lifeの向上につながる考察や、有識者とのセッションから生まれるチャレンジングな仮説の検証を繰り広げていくとする。なおその成果については、年内に公表する予定だとしている。

『THINK HUMAN PROJECT』の9つのテーマは以下の通り
PROJECT 01: 環境 サーキュラーエコノミーが実現する社会とは
PROJECT 02: 加齢 人生100年時代の年齢を重ねることとは
PROJECT 03: 感性 コミュニケーションにおける感性の価値とは
PROJECT 04: 衣服 バイオミメティクスから学ぶ人間の衣服とは
PROJECT 05: 人間らしさ 機能を拡張した際の人間の在り方とは
PROJECT 06: 移動 自動運転の普及に伴う生活圏における価値変化とは
PROJECT 07: 超高齢社会 超高齢社会におけるライフスタイルとは
PROJECT 08: 住空間 現代人体内時計と住空間の関係性とは
PROJECT 09: 食 食のコモディティ化における新しい食体験とは

なおこれに関わる社内外への発信は、人の本質、人間社会に対する疑問などの問いかけをアートで表現しつつ、  テレビなどのメディアを通じて発信していくと結んでいる。